チュニジア料理

金、土と2日連続関西初のチュニジア料理店カルタゴキッチンに行ってきました。2日間ともほぼ同じメニューだったけど、ほんまめっちゃおいしかった!オーチン、フクースナ!でした。b0000509_2221477.jpg←こちらは「焼きサラダ」といってトマトやたまねぎなどをオリーブオイルで焼いたサラダです。口から火を吹きそうなくらい辛い!だけどうまい!ちなみにこの緑は”あおとうがらし”の緑です。トマトの赤が見えないです。他にも世界最古のパスタと言われているクスクスなど、何を食べてもおいしかった!しかもオーナーのゼディニさんはカッコいい人、しかも日本語ペラペラ。話はそれましたが、チュニジア料理の特徴は肉は魚、鳥、羊多く味付けは基本的にトマトベース、とうがらしもけっこう入っている。意外に野菜も多く使われていて、子羊も魚も臭くなく(私はマトンもラムも大好きさ)日本人向けです。
ちなみにチュニジアの母語はチュニジア語ですが、みんなフランス語は普通に話せます。あと一夫多妻制で奥さんは4人までOKなんだって!常に1番でありたい私には向かない制度です。

※だんだん写真を撮るのが上手くなってきた気がして嬉しい。
[PR]

by aki_cat | 2004-08-22 02:20 | 今日の日記