戦うおばあさん

今日、いつもの電車に乗り遅れたので急いで駅から仕事場へ向かっていた時、1人だけ朝の人の流れと違う動きをしている人がいました。仕事場の最寄駅は工事中で道が狭くなってる為、改札に向かう方を広く、出口側は狭くなるように通路を仕切ってあるのです。その人は、その狭い方、つまり私が行こうとしている進行方向の先を歩いていました。

「なんか変・・・」

そう、なんだかわからないけどなんです。そのお婆さん。

最初は何かのステップを踏んでるのだと思いました。
でも、何か言ってます。

興味があったし、先も急いでいたのでそのお婆さんとの距離を縮めました。


「ま、まさか!」


よくみると、何かを殴っているようです。蹴りも入れてるように見えるし、ときどき何かをよける動作も・・・・


「もももも、もしかして!」


そうなんです、そのお婆さんみえない誰かと歩きながら戦っているのです。
それもかなり白熱した戦いで、かなりのお歳に見えるのに、すげぇ機敏に相手の攻撃に反応し、交わした後、すかさず殴る、時には短い蹴りを打つ・・・


「しししし、しまったぁぁぁ」


気が付けばお婆さんの周りにいるのは、私1人。みんなお婆さんの鬼気迫る戦いに巻き込まれないように、いつの間にか離れていたんです。



更にヒートアップするお婆さんと見えない相手との戦い。


通路が分けられていて、広い道には出れません。逃げ場をすっかり失った私は

「しょーがない、当たらないように脇を通り抜けるか」

そう思って行きかけた瞬間、なんと、見えない相手がお婆さんに攻撃し、攻撃を交わす為にお婆さんが1歩後ろに下がったのです。


「ぶつかる(殴られる)」


とととととところが!
なんと、お婆さん後ろから来ている私にとっさに気づき、ひらりと向きを変えたじゃないですか!


「す、すげぇ、そしてつえぇ」




全て今朝本当に起こったことです。さすが大阪ですねぇ。ちなみに、戦いを邪魔した私はお婆さんに文句を言われました。


たまにはこんな話もいいかなと思いました。

20日はキシェンコの試合です→人気ブログランキングへ
[PR]

by aki_cat | 2009-11-04 23:37 | 今日の日記