角田氏のレフェリング

オフィシャルのUPよりも早くスポナビで発表された武田選手引退試合でのレフェリングに対する角田氏への処分。

「停止処分、90日!短かい!」って思いました。本当はレフェリーしなくても良い地位人なんだから、なんでレフェリーを引退しないんだろう?そこまでして目立ちたいのって思っちゃう。しかも、もし来年2月のMAXが2月11日以降に行われたら、角田氏のレフェリー復帰一発目がMAXってことになる。

この処分は角田氏自らが申し出たもののようです。

そして、角田氏は自身のオフィシャルサイトで自身のレフェリングに対してこのように述べています。
詳しく読みたい方はこちらへ→http://ameblo.jp/kakuda-nobuaki/page-1.html#main

今でも僕は
自分のレフェリングは
確固たる信念と経験に基づいたものであるという自負を持っています。

ですから
僕はあれをミスレフェリングだなどとは
これっぽっちも思っていません。

(ちょいと省略)

僕は
自分の信念は曲げないけれども
漢としての
責任は果たさないといけないという気持ちで

年内のGP決勝や大晦日という重要なイベントを残した上で
あえてこのような申し入れをK-1に対して行った・・・


更に

今後
K-1における試合のストップは
驚くほど早くなる事でしょう(´∀`)
ご了承下さい(´∀`)


角田氏はいつも何か問題が起こると、文章の前半部分のように「自分は正しい、間違っていない」という風に言いますよね。なので、この部分はそのままスルーして、私が気になったのは、最後の部分、「今後~ご了承下さい」です。ここ、ニコニコ顔の絵文字なんですよね、角田氏は笑いながら嫌味を言ってるわけです。自分を批判した視聴者や観客に対して、「これからK-1の試合のストップが早くなっても、文句言っても知らんぞ!最初に言い出したんは、お前ら(視聴者、観客)やねんぞ!」ということなんです。面白いですね。かなり笑えます。

なんか他にも色々思う事はあるけど、この記事書いてるうちにどうでも良くなってしまった(笑)

それから、未だにサワーのスパッツ着用について議論されてることに笑ってしまいました。
K-1の試合を生で見たことある人ならわかると思いますが、スパッツ履いたくらいではあの重~~~い蹴りのダメージ緩和なんかされませんよ。単に見た目に赤くなってるかわからないだけで、ダメージはトランクスと変わらないと思います。逆にそれくらいで変わってしまうキックを出すほうが問題ですよ。


それから、思ったとおり年末は魔裟斗xサワーになりましたね。魔裟斗が「運命」感じたらしいしね。
残りのカードはGPの決勝の後かなぁ。

今年の年末は家族と過ごすかなぁ。


角田氏は裏方に徹して欲しい→人気ブログランキングへ
[PR]

by aki_cat | 2009-11-14 00:47 | 格闘技