キシェンコのボスのインタビュー

VALETUDO.RU他多数のサイトでUPされています、キシェンコのジムのボスであるパーベル・エフトゥシェンコ氏のインタビューです。一部割愛させて頂いてます。

題して<パーベル・エフトゥシェンコが語る2010年のプランと展望>
インタビューを重ねる毎に肩書きが増えるエフトゥシェンコ氏ですが、そのまま訳してみようと思います。
UNFTBMT副会長、ムエタイウクライナ主任コーチ、3MS(何かの略)であるエフトゥシェンコ氏が2010年のプランと展望について語りました。

トリシンの予定について、トリシンは既に試合(ミラノ?)に向けて練習をしており、彼は以前も言った通り、日本でのK-1の試合でとても良い面白い試合を見せた。彼はエンターティナー(ショーマンとエフトゥシェンコ氏は言っています)で、素晴らしい盛り上がる試合を見せてくれると約束できる選手である。その後、ヨーロッパでも注目を集めるようになり、IT'S Show Timeにも出場したいと思っている。(視野に入れて練習している、階級的には難しそうですが・・・)

試合中に膝を怪我したラシェンコは現在リハビリ中とのこと。今はボクシングの基礎や膝に再発しない程度の重石をかけるようなトレーニングを中心にしている。(恐らくタイヤを引っ張るようなトレーニングではないでしょうか。)


後編へ続く

選手を例えるロシア語は難しい→人気ブログランキングへ
[PR]

by aki_cat | 2010-01-25 12:44 | 格闘技