キシェンコのボスのインタビュー 後編

<パーベル・エフトゥシェンコが語る2010年のプランと展望>

後編です。

そして、ついに私が超気になっていたK-1ベラルーシ大会へと話が進んでいくのです!!!!
2月のミンスクで予定されているトーナメントは恐らく3月の初めに変更される可能性がある。この件についてエフトゥシェンコ氏は武士道リトアニアのドナタス氏と交渉をしていた。彼はベラルーシのトーナメントに2人の将来性のある選手を出場させる予定です。イーゴリ・タリャーニクとオデッサからエンリケ・ガガーヒヤ。ベラルーシは一番の選手であるビタリー・グルコフを出場させる予定。タリャーニクとグルコフはトーナメントの違うサイドから出場する。スーパーファイトではロマン・マイロフ対戦者のベラルーシ人は無名の選手です。彼は既に話しているビリュニスではドミトリー・べズース、ワルシャワではプロとして初参戦する若きツォトニ・ロガフ。ロガフはK-1初参戦です。ピョートル・ナコニチンも同様初参戦、エフトゥシェンコ氏はロガフが強くトーナメントを勝ち進み優勝すると思っている。

日本から新しいニュースはありましたか?という質問にはつい最近連絡があり、新しく65kg級が始まり、MAXは開幕戦、ファイナル8、決勝戦を予定と知る。

また、キシェンコの予定については、差し当たり予定がないと答え、具体的に話せないと言っています。キシェンコも同様IT's Showtimeへの出場を熱望しており、実際に出場も決定している。近いうちに全ての状況がはっきりするだろうと述べています。

追伸:キシェンコより全てのファンとK-1のファンに向けて「こんにちは」と「過ぎ去った日々、そして祝日へおめでとうと、皆さんの健康とご多幸をいのると共に、世界のK-1が更に面白くなることを願います。皆さんの応援に感謝しています」とメッセージが送られてましたw

b0000509_1611131.jpg



この様子からすると、キシェンコは今年も安泰ですね。



キシェンコをいつでも応援しています→人気ブログランキングへ
[PR]

by aki_cat | 2010-01-25 16:11 | 格闘技