ベラルーシ大会トーナメント決勝戦の動画

少しマシな動画を発見したのでUPします。
はめ込みできなかったので、直接サイトから見てください。

決勝戦動画→http://belapan.com/archive/2010/03/20/media_World_Max/

ロドニー・グルンダーvsザビット・サメドフ動画→http://belapan.com/archive/2010/03/20/media_k1/

ボーイ・ボーイ・マーティンvsデニスハンチェロナック→http://belapan.com/archive/2010/03/20/media_k1_all/

ダンスがベラルーシっぽくてセクシーですね。ベラ人はダンス、ディスコが大好きなのでダンスが上手いです。この子たちのほとんどが15~20歳なのが驚きです。体が違う。
さすがスポーツクラブやダンス教室のメニューにセクシーダンスというのがあるだけあってかなり色っぽいです。日本のK-1もこれくらいのダンス見せても良いのでは?毎回空手やテコンドーの演舞ではねぇ。

決勝の動画見ても明らかに体格差がありますね。グジノフは60kgでもいいかもしれない。
私がチヌックに見学に行った時は、サメドフ、グルコフなどのパトリオットの選手はみんなチヌック所属でデニス・ハンチェロナックは、練習の時から強さが滲み出てた中の1人でした。グルコフに関しては、別格でしたね。イグに続けとばかりに出てはみたものの、ムエタイの癖が抜けずなかなかK-1のルールに馴染めなかったと聞きました。その間にサメドフが出てきたといった感じでしょうか。

個人的には、年齢や体型からしてもサメドフよりグルコフの方がMAXで良い所までいけると思っています。これからのMAXは背が低くパワーがある選手ではなく、嘉洋さんやキシェンコなど背の高い選手とペトロシアンのような総合的に高い技術のある選手が主流になると私は予測しているので(小さな選手は60kgや63kgに移る)グルコフのような背が高くパワーのある選手はかなりMAXで活躍できるんじゃないかと思っています。しかもイケメン←これ重要!


東欧の盛り上がり→あき猫盛り上がり→人気ブログランキングへ
[PR]

by aki_cat | 2010-03-22 18:28 | 格闘技