ラシェンコインタビュー(後編)

前回に引き続きラシェンコのインタビューです。

読んでない方はセルゲイ・ラシェンコのインタビュー(前編)を読んで下さい。

そして、多少の誤訳等ご了承下さい。


その後、インタビュアーの質問1つが下りが長い上に若干馬鹿げていたので細かい訳は割愛させて頂くことにしました。内容を簡単に説明すると、験を担いだり、本能的に何かを察知してそれを戦いに活かしたりしているか?というようなもので、ラシェンコは「馬鹿げている。そんなもの信じない。野生の感ではなく練習の成果だ」と答えていました。

そしてインタビューの続き

-試合を経て今はどんな調整をしていますか?
ラ:今も変わらずトレーニングです。対戦相手のビデオをトレーナーと見て相手のテクニックの研究などをしています。

-もし自由な時間ができたらどうやって過ごしますか?
ラ:基本的に自由な時間はほとんどないです。試合の準備をしている時を除いては私はトレーナーでもあります。

-既にハトは買いましたか?
ラ:まだです。でも、近い内に買う計画は立てているし、実現します。ハトを集めて鳥小屋を家の敷地内に建てます。

-どんな品種ですか?
ラ:私は高齢のハトが気になっています。(注:このようなハトは基本的に高尚とされ、高く飛ぶと言われています)

-次の試合の予定は決まっていますか?
ラ:まだ正式には言えないが、もしかしたら7月の後半にフランスであるかもしれない。


ラシェンコがハトを欲しがっている理由が少し見えましたね。ただ、あの部分の訳はうまくできませんでした。


ラシェンコにリベンジのチャンスを!人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
[PR]

by aki_cat | 2010-06-12 01:47 | 格闘技