2時間ドラマでよく主演をしてるけど、気に入らない俳優 その1:山城しんご

”しんご”ぐらい漢字で書こうゼ!なんて思いながら(笑)
映画やDVDを見るのが大好きなのに、失業中なのでお金がないからレンタルも映画館も我慢の日々(T_T)なので、しばらくは大好きな2時間ドラマのこと書きます。

ちなみに格闘技のことで言えば桜庭がヒカルドの顔を爬虫類とか言ったらしいですね。私にはヒカルドが爬虫類には見えないので、”???”なのですが、ヒカルドにはそんな低レベルなところでの争いには参加して欲しくないですね。

さてさて本題、2時間ドラマで主人公を演じる人って面白いとシリーズ化するせいか、わりと決まってるよね。そんな中でこんなに大好きな2時間ドラマなのに、お前が主演なら見たくないわ!という人をシリーズにして書こうと思います。

気に入らんって誰だ?って思えば真っ先に浮かぶのは”山城しんご”です。
いくつかのテレビ局でシリーズ化されてるものもあるけれど、なんともつまらん。見ていてイライラするので、2時間ドラマに関して主演が山城の時はまず見ない。
山城の人気シリーズの1つに山城が監察医もしくは医者で嫁が途中で加賀まりこに代わったものがある。このシリーズは山城の主演する2時間ドラマの特徴が盛りだくさんなので、良いお手本です。
山城の三種の神器、伝家の宝刀?とも言える特徴があります。そこが気に入らないので見ない。それはストーリーの問題ではなく、ある意味突っ込み所満載であり、そこが気に入って見てる人もいるんじゃないかな?
山城のドラマにつき物三種の神器
その1.かわいくお酒、とにかく酒飲んでるシーンが多い、こいつ本物飲んでるんちゃうか?って思うくらい、朝は気付けに昼は景気付け、夜は晩酌、♪飲んで~、飲んで~、飲まれて~飲んで~♪あのおっさんはアル中に決まっている!
その2.酒といえば女裸の女何かといえば裸の女が登場する。露天風呂だったり、検体だったり、とにかく裸の女はつきものです。裸の女満載です。
その3.裸の女と切っては切れない関係。これが山城の最大の特徴とも言える、”乳揉みシーン”裸の女だけに限らず女が出てきたら、何かにつけては乳を揉む、ときにはおケツも触っている、エロおやじ丸出しで気持ち悪い(>_<)2時間ドラマには濡れ場や裸の女はつき物だけど、(例えば混浴露天風呂のシリーズ)乳を揉むのは山城だけ、監察医のシリーズで死体の検死をするというシーンでは山城は必ず死体の女の乳をわしづかみしている。それが本当に必要な行為でありシーンであるならば、男の死体の乳も揉んでもいいはずだが、男の検死をする時はあっさりしたもんである。監察医のシリーズは色んな俳優がやっているけど、乳を念入りに揉んでいるのは山城だけです。あれは視聴者に対するサービスカットなのだろうか?そうは思えない、山城は明らかにエロが目的だ。揉んでる時の目がエロい。とにかくキモい、マジでキモい、ぶっちゃけキモい。
ちなみに山城のエロのシーンを除けば普通の2時間ドラマです。
女の裸が出てきた時に、それを山城が揉むかチェックするというのを目的で見てもいいかな。
[PR]

by aki_cat | 2005-06-07 10:12 | 今日の日記