2時間ドラマで好きな俳優 その1: 女王 片平なぎさ

2時間ドラマにかかせない女王 片平なぎさ様
諸事情でシリーズが終了したけど船越英一郎とライターとカメラマンでコンビを組んでた小京都ミステリーのシリーズは本当に面白かった。このシリーズが全盛期だった頃は、どのチャンネルでもこのコンビで活躍していた。今後も恐らくこの2人のコンビで2時間ドラマに出ることはないだろうと思うと、本当に残念でならない。
今放送されているシリーズでは”赤い霊柩車”や”カードGメン”などもあって、”赤い霊柩車”では恋人役の神田正輝のズラかもしれない髪型が微妙に変わっているのを観察するのも面白い。ちなみに神田正輝はズラ疑惑の後は分け目を横分けからセンターに変えたり、少しボサッとさせてみたり色々していた。霊柩車もGメンもそれ以外のいくつかのシリーズも面白いけど、英一郎とコンビだったあのシリーズに勝るものはないと私は今でも思っている。霊柩車に関しては最初の恋人役は神田正輝ではなくてドラマ”トミーとマツ”の”トミー”役の”国広富之”でした。配役か神田正輝になって、よりお笑いの要素が強くなった感じかな。ですが、テーマがしっかりしていることもあって、相手が変わっても全く違和感がなかったです。
[PR]

by aki_cat | 2005-06-09 01:54 | 今日の日記