K-1 ラスベガス2 テレビ観戦感想

今年のWORLD GPの中で1番面白かった大会だったね。

試合結果

マイケル・マクドナルド vs アゼム・マクスタイ
思いっきりカットさせてたけど、編集の技なのか本当なのかマクドナルドの動きが悪かったね。アゼムは一時期アンディーそっくりだったけど、しばらく見ないうちに老けた感じがした。

フレディ・ケマイヨ vs ルスラン・カラエフ
今回はカラエフの勢いで始まりその勢いのまま終わったって感じだったね。若さあふれるカラエフの勢いはほんとすごかった!後ろ回し蹴りでKOなんてすごい!驚きでした。

堀啓 vs ハリッド“ディ・ファウスト”
ファウストのセコンドにステファンがついてたのが印象的だった。K-1に戻ってくるという話は本当なのだろうか?終始ファウストのペースで堀は全く良い所なしだったね。堀の実力は所詮こんなものさ。ボクシング技術が遥かに上のファウストの余裕勝ちでした。

富平辰文 vs スコット・ライティ
あまりに弱すぎた富平が飛びぬけて強いわけでもないライティに当然のように負けた。今回は髪の色を染め直していたので富平のヘアーはそんなに薄く感じなかった。

アゼム・マクスタイ vs ルスラン・カラエフ
この大会のベストバウトだった。すっごく内容が濃くて1rdがすごく長く感じたくらい。まさに死闘!

ハリッド“ディ・ファウスト” vs スコット・ライティ
どうみても強いとは思えないライティが勝ってしまい、ファウストはウェイトを落としてミドル級では無理なのか?と思った。

マイティ・モー vs フランソワ“ザ・ホワイトバッファロー”ボタ
ボクシングテクニックでは圧倒的に上なボタ。私が我が家の飼い猫と一瞬目が合った瞬間ダウンをしていた(笑)ボタはいつの間に他の選手をなめたりできるようなくらい一流の選手になったのだろうか?モーにはたくさんの子供をかかえているだけあって、気迫がすごいよね。

ルスラン・カラエフ vs スコット・ライティ
カラエフは後半はさすがに疲れが見えていたけど、これまでの試合でかなり体力を消耗しているはずなのに果敢に攻撃をしかけていく姿勢は、これが若さか!って思わずにはいられない。ライティも特別何か際立って優れたところがある訳じゃないけど、なかなかガッツのある選手だと思った。もし、この場に私がいたならば、絶対カラエフを1点買いで賭けていたと思うので、なんだか残念な気持ちになった。

カラエフの優勝により、今年のGPに楽しみができたよ。
[PR]

by aki_cat | 2005-08-17 22:53 | 格闘技