PRIDE GRAND PRIX 2005 観戦日記

本当だったらもっと早くupする予定だったのに、以前からPCの調子が悪い上ケーブルを猫噛まれてしまって接触が悪なりネットもつながりにくくなっていて、とにかく今は最悪の環境です。blogの更新がないのもそのためです。

さて、久々の生観戦、アローナに気を取られて気付いていなかったけど良いカード揃いでアドレナリンでまくりでした。これでハリトーノフが出ていたら最高だったのになぁ~残念です。

☆中村和裕 vs イゴール・ボブチャンチン
ブサイク中村なんかボブチャンにボコにされてしまへ!って思ったさ。だけど選手の持ち味をことごとく消して、全てをソルトに変えてしまう中村。もしかしてボブチャンもその餌食になるのでは?なんて思っていたら本当に塩になってしまった。ボブチャンは全く良さが発揮できていなかったね。中村は全く見事に前回から進歩しておらず、ちゃんと練習したのかよ?って思った。いや、中村は学んでたね、道着は最初に脱いでおこうって(笑)さて、ボブチャンも同じ、バックを取ろうとしたら反されてって同じことしてさ、そして、マウント取っても何もできない中村の塩っ辛いへぼへぼパウンドを意味なく受けて・・・つまんねーんだよ!リザーブファイトだから第一試合にもってきてるんだけど、こんなの初っ端から見せ付けられた観客のテンションはだだ下がりも良いとことだぜ。

ヴァンダ・レイ・シウバ vs ☆ヒカルド・アローナ
すっかりヒールになったアローナ。これはPRIDE七不思議の1つに入れましょう。ロープを掴んで蹴り入れるのは○、顔の腫れた部分を押さえつけるのは×どっちも×ではありませんか?
しかしまぁ、美女と野獣ばりに対照的なビジュアル2人の対戦だなぁと思いました。
ヴァンダレイはアローナのような力強くて寝技も得意っていう選手としてないんだよね。なんとなくのイメージで超強いって感じなんだけど、実は他の選手とそんなに差もないし。これはアローナが勝つって思ってた。そして、入場の時のあの怖いくらいに気合の入った顔を見てアローナの勝利を確信しました。だって、今までこんな顔したことないもの。本気になったアローナは本当に強のだよ!試合が始まり、その確信は更に深まった訳なんだけど、ヴァンダレイは慎重になりすぎだったね。1rdは圧倒的にアローナペース、大興奮の会場は1rd終了のゴングが聞こえなかったくらい。そして2rd牽制気味にコツコツと出していたヴァンダレイのローをアローナが嫌がるようになるのです。そして、いつものアローナの試合のような展開が始まってきたのです。もしかして、もしかして、です。嫌な予感。案の定、疲れもあるし明らかに失速したアローナ。あぁ・・・思わず、“ここで攻撃を止めるからダメなんだよ!誰と戦ってると思ってるの!そんなんだからいつもあんな試合しかできないんだよ!”って叫んじゃったね。判定なら恐らくヴァンダレイ有利なはず、アローナは攻め続けないと勝てないのです。ヴァンダレイ相手なら尚更、彼は現ミドル級最高の男。同じように疲れていても何が起こるかわからない。だけど、今日のアローナは違った。しばらくグダグダとやった後、何か心境の変化があったのか再びエンジンがかかりだしたのです。アローナ最高です!後のことも考えず攻め続けたアローナは本当に強かった。勝ったとわかった瞬間、思わす号泣してしまいました。

☆ マウリシオ・ショーグン vs アリスター・オーフレイム
ヴァンダレイよりも強いと思われるショーグンとウナギのぼりのアリスター。実はアリスターに勝って欲しかった。それにしてもアリスターは惜しかった。1rdで仕留めておくべきだったね。それにしてアリスタースタミナ無さ過ぎじゃない?おまけに打たれ弱い。それにしてもショーグンは強い!そしてニンジャ・・・一瞬誰かわからないくらい太ってない?なんかショックだった。

☆ ファブリシオ・ヴェウドゥム vs ローマン・ゼンツォフ
見るまでも無く試合結果がわかる試合、後はファブリシオどれだけ美しくローマンを仕留めるかということかな。基本的にロシア人は好きなんだけど、ローマンのようなタイプのロシア人は私の好み外なので、心置きなくファブリシオを応援していました。マジ強いファブリシオのテクニックに感動!もっと見ていたかった。

☆ 吉田秀彦 vs タンク・アボット
今いる日本人選手の中で一番強い吉田。試合に取り組む姿勢も良いし世界で頂点に立った人間はやっぱり違うね!って思わせてくれる。中村とはえらい違いだ。
タンク・アボット・・・なんだあのひげは!まるでズラのようにこんもりと盛り上がったあのひげは生で見るとその気持ち悪さが(しかも微妙にグラデーション)更に目立つ。あんな気持ち悪いひげのオヤジはとっとと倒してしまえ!と強く願っていた。吉田が思い人たちと戦うのか今後の展開も気になる。

☆エメリヤーエンコ・ヒョードル vs ミルコ・クロコップ
待って待ってやっと叶った対戦、ミルコの勝利を心から願っていた。だって、2年だよ~なんだかんだ言って逃げてたヒョードルは本当に罪なヤツだぜ。ヒョードルもここらで一発負けてもらいたいという気持ちがある。その方が今後の展開も面白くなるだろうし、ヒョードルはなんだか今の地位にあぐらかいてるイメージあるしね。
こんなに暑いのに鳥肌立てながら見た試合は初めて。とにかくミルコの勝利を願ってた。ミルコ本当に血のにじむような練習をしてたんだってわかったかし、ヒョードルの研究もしっかりやっていた。未だかつてヒョードルをここまで追い詰めた選手はいただろうか?あの、上から振り下ろされるロシアンフックをかわしながら、しっかり反している。あれはなかなかできないことだと思う。ミルコの想いの詰まった試合だった。しかし2rdが開始して、ミルコはさきのインターバルの間に回復できていないように見えた。動きも悪いし、すごい汗。あの状態で1rdと同じようには動けないと思った。試合後のミルコはスッキリとした表情を退場して行ったけど、ほんとうにもったいないと思った。私の中ではヒョードルは負けたと思っている。(ちょっと痛いミルコファン的発言(笑))

ヒカルド・アローナ vs マウリシオ・ショーグン
アローナの優秀してる姿を想像しながら観戦した試合だった。いつの間にアローナにショーグンの良いパンチだかキックだか入ったのか私にはわからなかった。アローナはそんなに打たれ弱くはないはずなのに、わけがわかんないままにアローナは動きが悪くなって、意識がなくなっていた。何が起こったのかわかんなくて、今起こってる出来事が本当に信じられなかった。だけど、意識を失ってる姿も男前だった。

ミルコ、アローナと続き、試合後の足取りはとても重かった。
[PR]

by aki_cat | 2005-09-01 12:16 | 格闘技