PRIDE 2006 無差別級GP開幕戦 生観戦日記その2

試合結果

アリスター×ファブリシオ
このカードは断然ファブリシオ応援でした(笑)
アリスターはどんどん強くなってきていますね!自信に溢れています。なんかいつもと様子が違うと思ったらセコンドにいつもいるバス・ブーンの姿がありませんでした。
アリスターの作戦は良かったですね。危なくなったらテイクダウンする、でもやりあわずすぐに立ち上がる。これはグランドテクニックで勝っているファブにはかなり有効でした。実際ファブはかなり苦戦していました。ファブの余裕勝ちを想像していた私にとってはかなりイライラモードだったのですが(笑)最後は見事に決めてくれて一安心しました(^^)

高阪×ハント
元々K-1ファンなのでK-1出身者であるマークを応援していました(笑)
マークは元K-1王者にふさわしく天性の王者風格を持った選手だなぁと改めて思いました。
高阪に何度も良いパンチが入り追い詰めれば簡単に決まるだろうに、決して深追いしない戦い方も好感が持てました。
レフリーストップがかかった瞬間、高阪がまだ戦えるといりアクションを見せたのですが、その潔さと男らしさに感動して思わず泣いてしまいました。

ジョシュ×アレキサンダー
アレキサンダーもPRIDEに出始めた頃に比べればすごく強くなったな~なんて思いながら見ていました。両方とも好きな選手なのでどっちを応援して良いかわからなかったのですが、アレキサンダーのあの髪型はどうかしら?しかも着実に遺伝されている髪の後退・・・どんどんお兄ちゃんに似てきています。
アレキサンダー絶好調だったのに、1rd後半からすでに攻め疲れかバテバテで試合の結果がわかったような感じではありました。結局2rdに入ってもスタミナ切れか全く攻めることができず、勝てたはずの試合を落としてしまいました。それを見逃さず確実に仕留めたジョシュが素晴らしいです。

藤田×トンプソン
藤田サイコー!あのパンチは一体何発入ったのだろうか?北斗の拳みたいだった。

ミルコ×美濃輪
今回のカードの中で本人が望んだとはいえ一番かわいそうな組み合わせだよね。やらずしてミルコが勝つことが決まっている。しかもミルコは容赦はしない。生美濃輪は男前だった。でも、あんな壮絶なKOをされ足もフラフラだったのに、退場の時はみんなと大盛り上がりになっていました。タフさに驚き。

ノゲイラ×ズール
ホドリゴの試合はいつも勝つと思って見ているのですが、今回もそう思って見ていました。本人も体重をうまく増やすことができた、というように生で見るとやはり体が一回り大きくなっているんだけど、全体的に大きくなっているから全く違和感がなかったです。余裕勝ちでしたね。

吉田×西島
西島はなかなかあれだけ完璧に入っていたにも関わらずタップをしなかったわけだけど、あれは・・・早くすべきだと思う。見る見る顔が青くなってきていて正直怖かったです。普通じゃ有り得ないです。
[PR]

by aki_cat | 2006-05-06 12:08 | 格闘技