K-1 WORLD MAX 2006~世界王者対抗戦~見に行ってきました!

いつも途中で疲れてしまって全ての感想をUPできないので、簡単な感想などなど。
地上波放送はビデオテープが途中でなくなるという出来事の為、アンディ・オロゴンvs安廣しかみれていません。

本当はSRSが良かったけど諸事情によりRSの席になってしまいました。
オープニングファイトの2試合共かなりの接戦でとても面白かったので、期待感が高まりつつ観ていましたが、ブアカーオ以外の試合はスッキリしないものだった。

アンディ・オロゴンですが、確かに黒人の強い肉体ではあったけど、素人相手にKO取れない安廣はどうだろう?って思いました。頂点を極めたいなら勝てる試合は確実に決めていってもらいたいものです。

キシェンコは緊張してたのか硬くなっていたのか、K-1の大舞台の経験の差なのか、1rd途中で既にバテバテでした。2rd以降は良い感じだったのですが時既に遅し!すっかりバテていましたね。若いからあそこまで戦えたのか、若いならもっと最後まで根性を見せて欲しいのか、まぁ、いずれにせよ1rdめからすごく応援してたけど、キシェンコが負けるとわかりました。HAYATOは経験では上ですが、決して勝てない相手ではなかっただけに残念です。

山本は・・・足が短いですね。空手で鍛えた足からのローとかめちゃ期待していたんだけど、良いとこ見せれず負けてしまいました。

ブアカーオは言うことないですね!強い!強すぎます!宍戸のKOされた姿はちょっと怖かったです。あまりの速さにブアカーオが両手を挙げた姿を見てブアが勝ったのを理解しました。

ドラゴ・・私達の間では・帰りも、帰ってからも話題はドラゴのダンスと入場曲でもちきりでした。耳と目焼きついて離れません。寒川のセコンドの人が楽しそうにドラゴの入場の時にドラゴのダンスの真似をしていたのが面白かったです。

元気・・・本当は出たくなかったに違いない。舞台が狭く、花道の大部分は階段という悪い環境の中パフォーマンスを見せてくれました。結果は・・・あんなもんでしょう。

前田はさすがにボクシングテクすごかったですね。あんな結果になったのが残念でしかたないです。

佐藤というより、クラウスが強かったです。やはり元王者は強いです。

コヒにはあきれて言葉が出ません。会場からもブーイングの声大きかったです。コヒって本当にイケてない男です。
[PR]

by aki_cat | 2006-09-06 00:07 | 格闘技