K-1 横浜大会生観戦 試合の感想など

今日、横浜大会のテレビ放送のビデオを観ました。

シリル×野田
シリルは太っていましたね。しかも、現在はパン屋を経営しているとかですっかりマルくなったようなイメージを受けました。野田はフレッシュマンファイトで見ていましたが、あまり印象はなかったです。元相撲であれば、猪突猛進とにかく前へ前へというファイトスタイルだろうとは予測していたけど、本当にそうだった。
この試合の結果に対してアビディは不満そうだったけど、たぶんあの体型からすると練習もちゃんとしていたか怪しいし、元々日本人をナメてるので、まあ、こんなもんでしょうという結果だなぁと私は思いました。野田はこれからも伸びるだろうと思うので頑張って欲しいです。

グーカン・サキ×天田
ハリッドがインフルエンザの為急遽代わりに出場することになったサキですが、イグに勝った実力は本物なのかしら?なんて思いながら観ていました。地上波ではカットされていましたが、久々にエグい試合を観たって感じです。とにかくサキのローが天田の足にヒットしまくり、最近パンチ主体のK-1でありながら、久々にローでジワジワエグく攻められる展開に蹴って蹴って蹴られまりみるみる赤→紫→青→黒と変色していく天田の足は、想像を絶する痛さだろうと、それに耐えている天田を思うと不憫でならなかった。サキの完全勝利でした。
サキの入場の時、セコンドの1人とサキはノリノリに対し、後ろのセコンドのオヤジ2人、バス・ブーンとコーとのテンションの違いに大うけしてしまいました。

堀×ピチュクノフ
堀もイマイチだけど、ピチュクノフもイマイチのイマイチ対決だと思っていました。極真をバカにしているわけじゃないけど、ピチュクノフに対してユーラシア好きの私のひいき目で見ても地味~~なイメージで、地味なまま試合も終わるような感じかと思っていました。
でも、蓋を開けてみればまず、前回見たときよりも遥かにピチュクノフが上手くなっていました。同じ師範に付いて練習しているだけに、洗練されたロシアン(ブラジリアン)キックは美しい芸術作品そのものでした。しかも、最後の蹴りからのフックはキックの軌道が素晴らしくまるでダンスを見ているようでした。惚れ惚れしました。外見がものごっつい地味なのがもったいない。堀に成長の文字はナシ!

中迫×ザビット
ザビットは去年の地区予選2大会を優勝して出てきた選手です。チヌックといえばイグですが、密かに期待していたイグがセコンドという夢は淡く崩れてしまいました。
この試合は、中迫もザビットも良い所出せずに終わった感というか、ワンランク下の試合を観ているような印象を受けました。ザビットも中迫もこれでは上の選手には勝てないなと思いました。ザビットが試合に勝ち、その後どうしたら良いのかわからずセコンドに指示を仰いでいた姿に初々しさを感じました。私の席の周りの女子はザビットのアップがモニターに出るたびに「キレイ~」と黄色い声を上げていました。それにしても、どうしてユーラシア系は入場曲に哀愁漂う曲を選択するのでしょうか?

バンナ×澤屋敷
1ヶ月練習していない日本人をナメているバンナvs澤屋敷
澤屋敷の顔をじっくり見たことはなかったですが、この顔を見て”コイツは何かやるかもしれん。ひょっとするかもね”と思っていたら、本当に勝ちましたね。
見事な作戦とそれに伴うテクニック、それにバンナの足の怪我と運まで味方につけ見事に勝ちましたね!でも、こういう選手は次の試合ではあっさりKOされてしまったりするんですよね。

チョイ×モー
チョイがKOされた時会場中が大盛り上がりでした。私も大喜びで1人で見ているにもかかわらずガッツポーズで雄たけびをあげていました(笑)誰もヒールキャラで売っていないのにすっかりヒールなチョイなのでした。チョイの入場の歌いながらのパフォーマンスと妙にアイドルチックなダンスを踊るダンサーの女子って必要なのかな?

ルスラン×ハリ
ハリの今までみたいなおふざけ入場パフォーマンスもなく、気迫のこもった顔に勝利への執念を感じ、ルスランの負けを何気に予測していました。
ルスランで一番気になるところは、セコンドが毎回変わることです。マルプロを離脱したまでは良かったけど、ずっとレイのチームの人がセコンドに付いていました。しかも、練習も特定のジムではしていない様子。今回は恐らく伊原道場のタイ人らしき人が付いていました。にわかのセコンドで勝てるでしょうか?しかも、練習はオセチアで1人でしてそうです・・・谷川が言っていたキックのないキックボクシングはキックボクシングじゃないのです。本当に勝ちたい気持ちがあるのならやはりちゃんとしたところに落ち着くべきなのです!!!
実際にルスランのあの細い足を見ればキックに対応するトレーニングをしていないのは丸わかり、いかにも蹴りに弱そうな足をしています。試合はルスラン大逆転みたいになり逆転KO負け、いつものように勝ち急いで逆にやられてしまうという結果です。ちゃんとした環境で練習し負けたのならファンとして納得もいくけど、負けた原因の全てがそうでないにしても確実にちゃんとしたトレーナーに付いていないというのがあるので、そういった部分でかなり落ち込みました。

武蔵×藤本
会場の雰囲気がクリンチの多さ、手数の少なさで、珍しくブーイングが起こる塩的要素満載の試合でした。が、実際映像で見てみると確実に藤本が勝っていましたね。再三クリンチでの注意を藤本は受けていましたが、実際は武蔵が藤本の攻撃をかわすためにわざと藤本にクリンチさすようにもっていっていました。この辺りが塩慣れしている武蔵の強みですよね。しかしながら私はというとこの試合が始まってもルスランが鼻が折れたんじゃないかと思うようなパンチでKOされたショックから、すっかり試合を見る気が失せ俯いたまま真っ白な時を過ごしていました。だけど近くにいた女子の「なが~い!!!」とう声に我に返り、リングを見ればもう1rdも終了間近になっていました。なので正味私が見始めたのは2rdからで、もし1rdからまともに見ていたら延長もすることなく藤本の判定勝ちだと思っていたと思います。
気が付けば同門対決、お互いの事は良く知り尽くしているから、すっかりどっぷりの塩試合なんだとわかっていても、手を出さない武蔵には苛立ちました。佐竹の時と違いKOで決着が付いて良かったと思う一方ですっかり疲れた表情の武蔵にはしっかり休養を取ってもらいたいと思いました。角田は必要なし!

シュルト×セフォー
シュルトはやっぱり強かった。
[PR]

by aki_cat | 2007-03-11 00:40 | 格闘技