MAX 生観戦日記&私の近況報告の続き。

ザンビvsドラゴの続きから
今回の試合の中で一番盛り上がるといわれていた、ドラゴとザンビですが期待を裏切らなかったですね!どちらも好きな選手なので試合が始まってもどちらを応援するか決め兼ねてました。予想通りの展開に延長の1rdもかなり僅差だったように思いました。最後までどっちがかつかわからなかったです。そしてザンビが勝ったと同時に推薦枠かどこかにドラゴが入ると核心しました。

第5試合:世界一決定トーナメント開幕戦 ○佐藤嘉洋 vs デニス・シュナイドミラー×
日本人選手の中では一番好きな愛を知る佐藤が好きなので、もちろん嘉洋を応援してたんだけど、デニス・・・レミーガに似てる。体の大きさとか雰囲気とかめちゃ似てるんだよね。なんか顔が間延びしたレミーガって感じで、だから嘉洋を応援しながら(明らかにレベルの違うデニスも頑張って欲しかった)今回、地方大会優勝者が去年のベスト8と対戦してるんだけど、正直レベル差が有りすぎだね。小柄で素早い動きのデニスにはその足を止めるのが一番、しかも両足を蹴れる嘉洋はマジすごい(テクと足の長さが必要)しかも、良いミドルが腕にもヒットしている。デニスは足だけでなく腕も痺れてたんじゃないかな。嘉洋好きだけど、本当に嫌な試合をするよ。実際もしこれがキシェンコだったらと思うと(キシェンコはローに弱いと私は思う)怖い・・・2rd中盤からはキシェンコも普段会話している声とは全然違う野太い声でデニスを応援するも、決定打はないものの時間が経つごとに嘉洋の勝利が見えてくる展開だった。

第6試合:世界一決定トーナメント開幕戦 ○アンディ・サワー vs オーレ・ローセン×
1kg体重オーバーとインフルエンザで体調が最悪だったサワーにもしかしたらオーレが初勝利するんじゃないかと思われた試合。。。結果は。。。悔しいのは足さえ折れなければそんなにダメージなかったのに~ってことです。幸いと言っていいのかわからないけど、複雑骨折じゃなくて良かったよ・・・こうしてオーレのK-1初勝利は消えたのでした。
追伸:いつの間にかサワーのスパッツを見慣れている私がいた。

第7試合:世界一決定トーナメント開幕戦 ○ アルバート・クラウス vs ヴァージル・カラコダ ×
今回父親のスティーブの元を外れて初めての試合のカラコダ(コーチはマイク・ベルナルド太ってましたね)と登場から上半身裸のクラウス(ダサいコスチュームも楽しみの一つだったのに残念)相変わらずボクテクのあるカラコダだけど、クラウスはいつになく調子良かったね・・・・クラウス・・・・頭頂が薄いよ・・・しかも目がだんだん落ち窪んできていて、顔つきがキモくなってきたと思うのは私だけ?カラコダは判定結果を聞いたとたん膝が崩れていましたね。でも確かに僅差だったけどクラウスが勝ちだと思う。

第8試合:世界一決定トーナメント開幕戦 ○ ブアカーオ・ポー.プラムック vs ニキー“ザ・ナチュラル”ホルツケン ×
ブアカーオは強かったけど、KO勝利が見たかったというのが正直な感想。試合が長引けば研究材料が増えるのであまり長い試合をしないで欲しい気もした。
ニキーはタトゥーの趣味は悪いけど、結構イケ面でしかも打たれ強かった。あれだけの攻撃を受けて立っているのはかなりの根性の持ち主。しかもかなり元気が良い。

第9試合:世界一決定トーナメント開幕戦 ○ 魔裟斗 vs J.Z.カルバン ×
魔裟斗はカラダを一回り絞ってかなりカッコ良くなってました。
それにしてもカルバンはすごいよ。2週間後にはHERO'Sが控えているというのにこのオファーをK-1ルールで受けるなんて、勝敗よりもとにかくカルバンが3rdKOされずに戦ってくれることを祈ってました。もし、対戦相手が魔裟斗じゃなければノリノリの登場で(ダンスが超上手い)会場の心も掴んだに違いないけど、MAXはほとんどが魔裟斗ファンなので・・・複雑。とにかくカルバン倒れないで~とハラハラしながら見てました。魔裟斗の常に本気な姿勢は大好きです。

あと、今回はゲストにダンスの世界チャンピオンである韓国のチームが踊っていましたが、めちゃ上手かったです。
[PR]

by aki_cat | 2007-06-30 22:00 | 格闘技