TITANS 続き (第6試合~第8試合)

昨日は途中で寝てしまい、何を書いたかよく覚えていなかたが、今日改めて読んでみるとあまりに酷い内容で、少し手直しを入れなおしました。

第6試合 ヤン”ザ・ジャイアント”ノルキア vs セーム・シュルト
困った時のセーム頼み!っていうわけじゃないけど、こういう頭数を揃えないといけない試合にはよく出てる。第1rdからヤンの積極的な攻撃、ヤンはあまりすばやい動きをする選手ではないけど、それ以上にセームはゆっくりとした動きに見えた。あまり激しく動き回ると中盤からはあまり動けなくなるヤンだったりするけど、今回はそんなことはなかった。それより久々に生で見たセームは、膝蹴りも出さないし動きもそんなに良いとは思わなかった。だけど、天使はセームに微笑んだ。

第7試合 ゲーリー・グッドリッジ vs サミー・アティア
早いタイムで終了したので、アティアのことは印象に残っていない。ゲーリーが登場したとたん観客は大喜び、人気あるんだね~って思った。

第2部に始まるまでの間にあっという間に終わってしまう空手の演舞と、みんなが飽きてしまうおみこしがある。おみこしはかなり長く感じた。

第試合 イ・ミョンジュ vs ネイサン”カーネッジ”コーベット
この辺りからTAITANのメンバー達が黒頭巾をかぶりだす。
はっきり言わずとも、元気さにおいても、イのほうが強かった。ネイサンはなかなかのハンサムだけど、はっきりいってイマイチ。いくら男前でも、しょぼい試合をするようなやつはいらん!!
[PR]

by aki_cat | 2004-11-07 01:35 | 格闘技