TITANS 続き (第9試合~第11試合)

いつまでこれを書きつづけるのか!!!
今日はまだ眠くないのでちゃんとかけるはず。頑張れアキネコ!!
てか、こうやってTAITANSを見た感想を書いていると、ほんとに長いし多い試合だったんだな~と改めて実感する。ほとんど試合の内容を忘れてしまっているので、ここからは試合を見た次の日に試合の感想をメモしたものをそのままに近い状態でupすることにする。

第9試合 ドゥイン・ラドウィック vs フジ・チャルムサック
今回の楽しみの1つがMAXの選手の試合が見れるということ。かなり期待していたのに。。。ラドウィック期待してたのにさ~、セコンドに嫁だか彼女だか知らないけど、それほどめっちゃかわいいわけでもない、金髪女なんか連れてるからKOされるんだよ!って思ったね。てか、今回K-1選手手抜きすぎ!

第10試合 セルカン・イルマッツ vs シン・ノッパデッソーン
イルマッツってSMA○のくさなぎ君に似ている。どんなに華麗な技を披露して頂けるのかと期待していたが、もっとすばやい選手だというイメージを持っていたためか動きにキレがないように見えた。一時期の元気さはどこに???それとも元気そうに見えたのはテレビの編集という誰よりも強い技のせいなのか!!

第11試合 ブアカーオ・ポー・プラムック vs 米田克盛
ブアカーオ勝つ気があるようには見えない、お互い大した攻撃をしないまま時間だけが過ぎていく。と、後ろの”ヤ”さんが、ブアカーオに対して文句を言い出した。そしてこのいたいけな何の罪のない私に小さな不幸が訪れる。なんと、後ろの席の”ヤ”が私のイスを蹴りながら貧乏揺すりするではないですか!小さく振り返った私のイスには裏だけ見ただけでも高級に見える靴裏が見えたのです。それが例え”ヤ”であろうと高いチケット代払って見に来ている限りはしっかりゆっくり楽しく堪能したいものです。そして私は意を決して、その今まさに私のイスを揺らしているその足を、何も言わずゆっくり、じっくりじ~っと見ること数十秒。足は退散した。
[PR]

by aki_cat | 2004-11-08 01:28 | 格闘技