<   2004年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

タイトルを忘れたが今日もDVDを見た。

あれだけ何度もタイトルを見たのに、しかも今日見たばかりなのに、映画のタイトルが思い出せない。でも、感想を書いてみたり。。。
とは言うもののタイトルがわからないものの感想を書いても。。。ということでamazonとにらみ合うこと40分とうとう見つけることができました。
リベンジャーズ・トラジディちょっと壊れ気味のストーリーが好きなので借りてみた。
見たその日にタイトルを忘れるくらいなので、まぁ、たいしたことなかったんだろうなぁ~って自分でも思う。婚約者を殺された男とその家族の復讐の話。この話の中で年寄り(おじい)が2人ほど出てくるのだが、どっちも気持ち悪く。そのうちの1人は口紅なんぞ塗ったりして、ようはメイクしている。それがまた一段と気持ち悪く、気持ち悪いけど目が反らせないそんなキャラに仕上げていた。見所はそのじじいくらいか、あとは特に大きな山場もなく、ようはキャラクターが濃いわりにはストーリーは平凡なので、お金出してわざわざ借りるほどでもないかなって感じです。
[PR]

by aki_cat | 2004-11-25 01:59 | DVD

MUSA-武士見たぜ!!

体調が悪い時にインフルエンザを射ったこともあって、すっごい体調悪かった。だけど、今週もビデオ2本、DVD2枚借りてしまった。。。ビデオはフランス映画なのでエロティックなんだろうなぁ~などと思いつつ、知らずに借りてしまったけど、ビデオの背にでっかい字で「R指定」と書いてあったよ。

さてさて、ずっと見たかった”MUSA-武士”をようやく見れました。普段はマニアックなものばかり借りてるけど、こういったアクション系も大好きです。格闘技が好きなだけあって、ジェット・リーやジャッキー・チェンも大好きさ。これは、予告編を見てぜひ見たいと思っていたもので、かなり楽しみにしていました。
俗に言われる歴史がとても苦手な私。いきなり西暦から始まり、ちょっとした歴史背景なんかを語られたりなんかしたら、もう大変。この映画もそんな始まりだった。しつこすぎなかったのが唯一の救いか。そして見ていてちょっと驚いたのが、戦いのシーンがリアルで思った以上に流血シーンが多かったこと。血なまぐさいものが嫌いな人にはお薦めできない。でも、チョン・ウソンの槍さばきは最高にカッコ良かった。ただ、私には将軍とウソンの顔の区別がつかなくて(笑)服装で判断していた。ストーリー展開としてはまぁ、想像した通りに進む感じかな、だけど、ハリウッドなら必ずこういった映画につきもののLOVEがまったくなかった。下世話な私はちょこっと期待してたけど、まぁ、敵国のお姫様と奴隷とか常識で考えたら有り得へん設定だし、そんなのなくても十分楽しめたし必要もないと思った。また、脇役達の小ストーリーもなかなか良い感じで、絶対破滅しかない、どう考えてもダメだこりゃという最悪に転がっていく悲しいストーリーと、残酷な戦いのシーンの合間にこの小さなストーリーが入ることによって、結局は悲しい結果になるんだけど、つかの間の安らぎを感じた。泣ける映画ではなかったけどね。
[PR]

by aki_cat | 2004-11-20 01:53 | DVD

インフルエンザの予防接種

会社から2000円まで補助金が出るというのでインフルエンザを受けに行って来た。大人になるまで1度もインフルエンザなんて受けたことがなかったけど、受けるとその年の風邪はそんなに酷くならないと聞いたので、毎年年末から年明けにかけて、高熱の出る私は今年も受けることにしたのです。
注射は痛いか痛くないかと聞かれれば、痛いよ。大人が我慢できる程度の痛みで、私の前にうった子供は大泣きしていた。今ではうったところを擦らなければお風呂にも入れるようになっていて、私ももちろんお風呂に入った。
翌日、腕が腫れていたにも関わらず、お風呂場でその部分を擦ってしまい、翌日から微熱は出るわ、腕は撫ぜるだけでも痛いわでかなりの一人大騒ぎ状態だった。そして同じ日に受けた会社の人も母も、腕の腫れも痛みもひいているのに、私だけ今でも腕が痛む。バカなおいら(-_-;)
[PR]

by aki_cat | 2004-11-12 00:33 | 今日の日記

TITANS 続き (第12試合~第15試合)

第12試合 マイケル・マクドナルド vs 内田ノボル
とにかくマクドナルドの人気がすごい!入場の時の歓声が一際高く感じられた。
言い方悪いけど、この大会で勝った所でK-1の決勝に出れるわけでもなく、今回全ての試合を通してK-1選手が手を抜いているように思えた。あんなに高いチケットを正規で購入して来た観客は本当に気の毒。特別内田の動きが良いとか、そういうことは思わなかったけど、この試合は判定なら内田が勝つと思った。そして案の定。内田選手華がなさすぎ!

第13試合 ジョン・ウェイン・パー vs オームシン・シットクノップイム
試合を見た翌日書いた私の感想文にはジョン・・・やっぱイマイチとしかなかった。だからイマイチだったのだと思う。

第14試合 アレクセイ・イグナショフ vs ポール・スワロンスキー
対戦相手の名前がビーズに似ている(スワロフスキー)
そしてイグ。。。痩せてねぇ。あの腰の上に乗っている肉はなんだ???やる気あんのかーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!って言われてるけど、あの肉見たらファンでも思ってしまうよ。一人ぶつくさ文句言いながら見ていると、近くにいた子供達が一生懸命イグの苗字を(イグナショフ)読んでいた。イグナフショフとか、イナグショフとかめっちゃきゃわゆかった。その間も塩味の効いた試合が続き、私の苛立ちも限界だった。とりあえず判定で勝ってはいたものの(私はこれでイグが勝ったらヤラセに違いない!と絶叫していたが)この後味の悪さはなんだ!試合後怒り狂いながら自分の席に戻ったら、席が無くなっていた。それにもめげず大声で友達に「しょーもない試合しやがって!」と喚きちらしていたら、近くの席の人が大笑いしていた。

第15試合 マイク・ベルナルド vs ガオグライ・ゲーンノラシン
いつの間にか友達はすっかりガオグライファン。
すでにマイクは入場していたが、怒り狂った私はマイクどころではなく、焼けビールを飲んでいた。ビールをぷは~っとやりながら、今年は新潟から小倉まで思えばイグの試合を見るために色んなところに行ったなぁ~なんて思ってみたり。。。
ガオはそんなにパワーもないし、すんげーすばしっこくも無い。だけど、ヘビー級にくるととても早い動きに見えてしまう。マイクはイグがそうであったように、ガオのスピードについていけず、とてもやりにくそう。でも、ガオを見れば見るほどイグが負けたのが悔やまれてならない。幸いドローだったけど、マイクが勝っても負けてもイグの評価は落ちたに違いない!
[PR]

by aki_cat | 2004-11-09 00:06 | 格闘技

TITANS 続き (第9試合~第11試合)

いつまでこれを書きつづけるのか!!!
今日はまだ眠くないのでちゃんとかけるはず。頑張れアキネコ!!
てか、こうやってTAITANSを見た感想を書いていると、ほんとに長いし多い試合だったんだな~と改めて実感する。ほとんど試合の内容を忘れてしまっているので、ここからは試合を見た次の日に試合の感想をメモしたものをそのままに近い状態でupすることにする。

第9試合 ドゥイン・ラドウィック vs フジ・チャルムサック
今回の楽しみの1つがMAXの選手の試合が見れるということ。かなり期待していたのに。。。ラドウィック期待してたのにさ~、セコンドに嫁だか彼女だか知らないけど、それほどめっちゃかわいいわけでもない、金髪女なんか連れてるからKOされるんだよ!って思ったね。てか、今回K-1選手手抜きすぎ!

第10試合 セルカン・イルマッツ vs シン・ノッパデッソーン
イルマッツってSMA○のくさなぎ君に似ている。どんなに華麗な技を披露して頂けるのかと期待していたが、もっとすばやい選手だというイメージを持っていたためか動きにキレがないように見えた。一時期の元気さはどこに???それとも元気そうに見えたのはテレビの編集という誰よりも強い技のせいなのか!!

第11試合 ブアカーオ・ポー・プラムック vs 米田克盛
ブアカーオ勝つ気があるようには見えない、お互い大した攻撃をしないまま時間だけが過ぎていく。と、後ろの”ヤ”さんが、ブアカーオに対して文句を言い出した。そしてこのいたいけな何の罪のない私に小さな不幸が訪れる。なんと、後ろの席の”ヤ”が私のイスを蹴りながら貧乏揺すりするではないですか!小さく振り返った私のイスには裏だけ見ただけでも高級に見える靴裏が見えたのです。それが例え”ヤ”であろうと高いチケット代払って見に来ている限りはしっかりゆっくり楽しく堪能したいものです。そして私は意を決して、その今まさに私のイスを揺らしているその足を、何も言わずゆっくり、じっくりじ~っと見ること数十秒。足は退散した。
[PR]

by aki_cat | 2004-11-08 01:28 | 格闘技

TITANS 続き (第6試合~第8試合)

昨日は途中で寝てしまい、何を書いたかよく覚えていなかたが、今日改めて読んでみるとあまりに酷い内容で、少し手直しを入れなおしました。

第6試合 ヤン”ザ・ジャイアント”ノルキア vs セーム・シュルト
困った時のセーム頼み!っていうわけじゃないけど、こういう頭数を揃えないといけない試合にはよく出てる。第1rdからヤンの積極的な攻撃、ヤンはあまりすばやい動きをする選手ではないけど、それ以上にセームはゆっくりとした動きに見えた。あまり激しく動き回ると中盤からはあまり動けなくなるヤンだったりするけど、今回はそんなことはなかった。それより久々に生で見たセームは、膝蹴りも出さないし動きもそんなに良いとは思わなかった。だけど、天使はセームに微笑んだ。

第7試合 ゲーリー・グッドリッジ vs サミー・アティア
早いタイムで終了したので、アティアのことは印象に残っていない。ゲーリーが登場したとたん観客は大喜び、人気あるんだね~って思った。

第2部に始まるまでの間にあっという間に終わってしまう空手の演舞と、みんなが飽きてしまうおみこしがある。おみこしはかなり長く感じた。

第試合 イ・ミョンジュ vs ネイサン”カーネッジ”コーベット
この辺りからTAITANのメンバー達が黒頭巾をかぶりだす。
はっきり言わずとも、元気さにおいても、イのほうが強かった。ネイサンはなかなかのハンサムだけど、はっきりいってイマイチ。いくら男前でも、しょぼい試合をするようなやつはいらん!!
[PR]

by aki_cat | 2004-11-07 01:35 | 格闘技

TITANS

行って参りましたTAITANS!今回は”TAITANS編”と”北九州編”の2つでupする予定。
それでは早速”TAITANS 前編(1~5試合)まで。

異様に高いチケットは売れるわけがなく、試合会場に行く前からめちゃくちゃ余ってるとの情報が飛び交っていた。しかも場所が北九州の小倉ときた。新日本キックの主催、対戦カードは悪くないが、あんな高いチケット北九州及びその近郊の住民が買う訳がなく。。。そう思いながら会場に向かった。
試合会場の北九州メディアドームは競輪場だけあって、とても広かった。会場傍の芝生のには散歩中の人や親子連れ、とてものどかな風景だった。こんな人達が一番安い席でも1万円するチケットを買うわけないよな!って、主催者かなんかわからんけど、アホやな!って(笑)
それから数分後ちょっとしたラッキーな出来事により、5万円もするSRSのチケを手に入れる。
その後ガラガラの、でも、もしかしたら席が埋まってくるかもしれないなっていう期待をしながらも大会が始まったのだった。試合結果まず、何よりもリングアナのへたさに驚く、こんな語尾上がりのリングアナも珍しい。しかも、超カツゼツの悪い進行役かなんかわからんおっさんまで出てきやがった。とにかくオヤジばっかりだ。ラウンドガールはというと衣装もあまりかわいくないが一部お腹ぽっこりさんがいる。それもまた愛嬌?
そして、しょぼく試合が始まったのだった。でも席は超良かったぜ!

第1試合 ソンコム・ジョッキージム vs シン・ジョンシ
ソンコムの棄権により、シンの勝ちって、初っ端からこれかい!なんじゃいそら!テンション下がるっちゅーねん!とかぼろんかすだったのは言うまでもなく・・・

第2試合 加村健一 vs クリス・ホワイト
クリスは外人だけど、どう見ても日に焼けた日本人にしか見えない。一方の加村・・・ってか、緊張しすぎでしょう!ガチガチガチガチ・・・あれじゃ勝てないなぁ、友達とそう言い合いながら見る。試合は始まるが、ガチガチの加村は動きが悪い、レベル的には同じようなのに。その後試合は進んでいくが加村、お前は勝つ気があるのか~~~~~~~???クリスのほうが勝ちたい気持ちが強く見えて、クリスの勝ち。

第3試合 松本哉朗 vs TOMO
武蔵野弟のTOMO背が高いのにミドル級なのが可哀想。試合を観に来ていた武蔵の声だけが大きく響いていた。

第4試合 石井宏樹 vs ソムラック・カムシン
ソムラックの笑い顔が印象的だった。試合もそれなりに見ごたえがあった。

第5試合 菊地剛輔介 vs ジョームトーン・ポームクワンナロン
なんだあれは!日本人とは思えないくらいすごいV字の胸毛。よく見れば肩の方まで毛が伸びていた。ポームクワンナロンは若干15歳という若さ、さすがムエタイといったかんじでしょうか。まだ体もできていないのに、若さで菊地を圧倒していました。
[PR]

by aki_cat | 2004-11-06 00:55 | 格闘技

久々のDVD”CUBE2”

TSUTAY○の半額クーポンでDVDを3本ほど借りてみた、すでに2本見終わったので、面倒なのでリンクはしないが、感想などちょっと書いてみたりする。

”CUBE2”あの、超小額予算であれだけの恐怖を描いた私の怖かった映画ベスト5に入る”CUBE”の”2”、正直、あれを超えるような作品になんて仕上がらないだろうと思ってたけど、本当にその通りだった。前作より不必要に登場人物が多く、それぞれの個々の個性を表現しきれていないように感じた。しかも、自分の隠していた秘密をそれぞれが自らの口でべらべらとしゃべりまくり、本来必要であるはずの、CUBEから抜け出すための方法なんかが全て割愛されていた。しかも、思いっきり想像つくラストシーンのあまりのしょうもなさ。心の中で何度も、こんなラストにだけはなりませんようにと願ったことか・・・。当然のことながらトラップもイマイチ、なんとなく物語を作ってはいたけどどっちつかずの中途半端。また、その登場人物の中に若い女の人が出てくるんだけど、彼女の背中や肩の”シミ”がたくさんあり、全然良くなかった。

あと、もう1本サスペンス物を見たけど、感想もタイトルも書く気がしない。というのも、DVDに傷がいっていたのか後半の、犯人を追い詰めてという最高の盛り上がりの見せ場のシーンが一瞬にしてエンドロールまで飛んでしまった。デッキを代え3回挑戦してなんとか見れたけど、全てを完全に見終わった気がせず、感想も思い浮かばなかった。
[PR]

by aki_cat | 2004-11-01 01:31 | 今日の日記