<   2005年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

K-1決勝カード発表

26日に公開で決勝戦のカードが発表されましたが、現王者レミーがチェを指名したのはちょっと驚きでした。レミーのテクニックに偽K-1ファイターチェが崩れ落ちる姿が想像できます(笑)
最近すっかりセフォーが嫌いな私はシュルトを応援すると心に誓う。
バンナ×アーツに関しては開幕戦で唯一KO勝利した2人だけにもっと後に見たかったカードかな。今年は調子の良いアーツに期待です。
武蔵はカラエフを舐めてる感じだけど、実際ローのカットができないカラエフにとっては、空手出身はちょっと辛いかもと思いました。
あと、個人的にはスーパーファイトにイグナショフに出てもらいたいです。
ファンなので当然の希望ですが、やはり手術したばかりで現チャンピオンとの試合で彼はよくやったと思います。テレビ放送を見ていないので谷川のイグに対するコメントはわからないけど、決勝がダメならDynamite!でも良いので調子の良い状態のイグの試合が観たいです。
[PR]

by aki_cat | 2005-09-28 22:50 | 格闘技

K-1 WORLD GP 開幕戦

ビデオの録画を忘れてしまったので、試合の内容を全く覚えていない(-_-;)

まず、テレビ放送されていない角田の試合だけど、実は非常にヤラセ臭い展開だった。どう見てもジョージは1rdで角田をKOできそうなのに急に失速したり、角田のへなちょこパンチでダウンを取られたり、これはこのまま判定で角田が勝つだろうと確信させるような進行状況だった。しかし、公平なジャッジが行われ角田は負けたのです。

オープニングや間つなぎの演舞、それに舞台装置はPRIDEのそれとは比べ物にならないくらい安っぽく、演舞の人員等は正道会館の門下生の子供達にさせるという、超コストダウンを測った、その割には舞台の演出もしょぼく貧相なものだった。今まであった虎や龍の人形はどこに行ったのだろうか?

客の入りも悪く、大阪城ホールでしたほうが満席になったんじゃないかと思えるくらい空席や空けてないシートがあり、会場の盛り上がりも全くなかった。しかも、今までのK-1では有り得ない試合中にトイレに立つ人も多く、常にアリーナ席は人がうろうろしている状態だった。
それもそのはず、前半の試合の大部分が判定の上、内容もしょっぱく、このつまらなさに子供はぐったりしていた。もちろん声援も少ない。
とにかくしょっぱい試合の連続で、全く内容を覚えていない試合が何試合もあった。個人的に盛り上がったのはカラエフの試合で、これは正直ホーストに感謝です。たぶんホーストだったら2rdを待たずしてカラエフをKOしていたと思う。動きの良い天田と誰かが言っていました。そう、ローのカットができないのはK-1では死を意味するのです。
Kの世界では世代交代なんて言われてたりするけど、やっぱり見せ方を知っているのは昔からいる、ピーターやジェロムだったよね。ピーターなんて最高の試合だった。それに比べてセフォーはなめた試合をすると思った。ダメだねヾ(´ー`)ノ
[PR]

by aki_cat | 2005-09-24 19:47 | 格闘技

おいしいアボガドサラダ

b0000509_0444118.jpgそれまでアボガドが好きじゃなかった私をアボガド好きにしてくれたのがこのサラダです。居酒屋さんのメニューで初めて食べた時のおいしさが忘れられず、自分で作ってしまいました。アボガドは色んな食べ方があるけど、今はこの食べ方が一番気に入っています。

材料:アボガド1個、きゅうり1本、あさつき少々、あればピクルス少量、ゆで卵1個、好みでハーブやパセリ
作り方:①ゆで卵、アボガド、きゅうりを5mmくらいのさいの目切りにする。ピクルス、あさつきを細かく切る。きゅうりの青臭さが苦手な人は皮をむいてください。
     ②切った材料を全てボールに入れ、塩、こしょう、マヨネーズ、わさびで合える。この時 のわさびの量は好みですが自分の思う量より少し多めのほうが美味しいです。
とても簡単で美味しいです。     
[PR]

by aki_cat | 2005-09-16 00:58 | 今日の日記

久しぶりのロシア語教室

仕事が忙しかったのと夏休みだったこともあり、約2ヶ月ぶりにロシア語の授業をうけてみた。普段から使っている言葉は覚えていたものの、格変化をすっかり忘れていました。でも、やっぱりロシア語はいいなぁとかなり楽しませていただきました。
しかし、気がつけばロシア語も約3年勉強しているんだけど、一向に上達したようには感じられない。
[PR]

by aki_cat | 2005-09-13 01:00 | 今日の日記

全く記憶の無い話。

しばらくblogのupをしていなかったら、なんだかちょっと様子が違う気がします。仕事が忙しくて自分のしたこと覚えてないのかなぁ?なんでだろう?ちょっと考えます。
[PR]

by aki_cat | 2005-09-12 00:32 | 今日の日記

HERO'S 2005 ミドル級トーナメント準決勝 テレビ観戦感想

なんちゃって総合と言われているHERO'Sだけど、宇野薫選手が参戦するようになったのでちょっと楽しみにしてたりしている。とはいうものの、テレビ放送の関係で相変わらずド平日に試合をしている。年末はPRIDEかDynamite!かかなり迷う。

連日連夜の仕事の疲れもあって、昨日覚えてたことは今日忘れているというのの繰り返しでHERO'Sも2日前まで覚えていたのに今日はすっかり忘れていた(-_-;)
つまらない試合は寝てしまうだろうと思っていたけど、見ていないのでつまらないかはわからないまま寝ていた試合が2試合ほどあった。

須藤vs宮田は、元気が好きな私はもちろん元気を応援していた。格闘技が好きなだけあって、筋肉質だったり、体がデカイ人は好きなんだけど、宮田のようなボディービルダーちっくな筋肉の付き方は嫌いです。どうせなら、お尻の筋肉も鍛えて、まるで黒人みたいな筋肉にしてもいいんじゃないかななんて思って見てました。2rdからは須藤ペースになっていたけど、前半は宮田有利だったように思える。宮田は本来持っている自分の持ち味を十分に発揮していて、総合のマニュアルを見ているような試合の運びをしていた。ただ、やはり時間が経過していくと経験がものを言う、そんな結果だったね。宮田を見ながら基礎が出来ている人はやっぱ強いなと思いました。

レミギウスvs高谷 レミギウスにしても高谷にしてもいかにも谷川が好きそうなタイプ。レミギウスなんてかなりハマっていたのではないでしょうか。高谷がどれだけ強い選手なのかは前回のHERO'Sの記憶が消えてなくなっていたのでわからなかったけど、試合運びとか様子からして高谷が一枚上手って感じがしていたので試合する前から高谷が勝つと思っていた。レミギウスは勢いやスピードはあるものの、それだけって感じがする。打ちつかれて自滅するパターンまんまの試合だった。

ホイラーvsKID この辺りから眠りのウェーブが襲いだす。ホイラーはグラウンドテクニックも経験もKIDよりもずっとあるかもしれないけど、年齢的にどうかと思うよね。ホイラーがあと5歳若かったらKIDに勝ってたかもしれない。

宇野vs所 宇野が負けるわけ無いと思いながら見ていた。ミルコと宇野が同い年っていうのがなんか不思議だね。所は顔も良いし、ガッツもあるので頑張って欲しいです。2rdに入り、所が疲れからか戦意喪失っぽい動きをしたように見えたのは私だけだろうか。宇野が所をじわじわいたぶっているように感じた。それともただ単に仕留められなかっただけなのだろうか。

元気vs高谷
見るまでもなく元気が勝つだろうと思っていたら、いつの間にか寝ていたようで目が覚めた時には
KIDvs宇野になっていた(-_-;)しかも、目が覚めて状況が飲み込めていないまま見ていた直後に宇野が下腹部に蹴りを入れられた。宇野のまぶたのカットさえなければ、どっちが勝っていてもおかしくない試合だったので、宇野は恐らくスーパーファイトかなんかで、年末のDynamite!の出場するのではないでしょうか。

ちなみに涎を垂らすくらい良い気持ちで寝ていました。
[PR]

by aki_cat | 2005-09-08 00:49 | 格闘技

K-1 WORLD GP 2005 in OSAKA  全カード発表

8/31にK-1 GP 開幕戦の全カードが発表されましたね。
角田の試合はトイレタイムとして、他のカードはどうでしょうか?

ピーター・アーツ×マイティ・モー
グラウベ・フェイトーザ×セーム・シュルト
アーネスト・ホースト×ルスラン・カラエフ
レミー・ボンヤスキー×アレクセイ・イグナショフ
角田信朗×ジョージ“ザ・アイアンライオン”
武蔵×フランソワ“ザ・ホワイトバッファロー”ボタ
ジュロム・レ・バンナ×ゲーリー・グッドリッジ
ボブ・サップ×チェ・ホンマン
レイ・セフォー×ガオグライ・ゲーンノラシン

ボブとチェの怪物コンビの試合は何試合目に持ってくるのでしょうか?気になります。どっちが勝っても嬉しくないカードです。レイとガオのカードはかなり気になります。そして、カラエフ。ロシア人とは思えないくらいおしゃれさんなので驚いてしまいました。ロシア人でも日本の若者達と一緒にいるとおしゃれになるんですねってすごいロシア人に対して失礼かな?
そして私にとって最高に嬉しいのがイグが出ることです!
昔のイグならレミーには十分勝てたと思うけど、今年に入ってからというものケガのせいもあるけど、全然よくないですよね。イグもカラエフのように日本のジムで練習していれば良かったかもしれないと思うのは私だけでしょうか?NZはとても良い国だけど普段我慢を強いられて生活している国の人にとっては自由すぎて弾けすぎてしまいそうな気がします。日焼けして魚と一緒に映っている写真を見たけど、あれはなんだかショックでした。どうみても練習しに来てる人には見えませんでしたから。膝のケガはどうなんでしょうか?それも気になります。中途半端な状態なら試合はしないで欲しいというのが私の本心です。
[PR]

by aki_cat | 2005-09-02 01:00 | 格闘技

PRIDE GRAND PRIX 2005 観戦日記

本当だったらもっと早くupする予定だったのに、以前からPCの調子が悪い上ケーブルを猫噛まれてしまって接触が悪なりネットもつながりにくくなっていて、とにかく今は最悪の環境です。blogの更新がないのもそのためです。

さて、久々の生観戦、アローナに気を取られて気付いていなかったけど良いカード揃いでアドレナリンでまくりでした。これでハリトーノフが出ていたら最高だったのになぁ~残念です。

☆中村和裕 vs イゴール・ボブチャンチン
ブサイク中村なんかボブチャンにボコにされてしまへ!って思ったさ。だけど選手の持ち味をことごとく消して、全てをソルトに変えてしまう中村。もしかしてボブチャンもその餌食になるのでは?なんて思っていたら本当に塩になってしまった。ボブチャンは全く良さが発揮できていなかったね。中村は全く見事に前回から進歩しておらず、ちゃんと練習したのかよ?って思った。いや、中村は学んでたね、道着は最初に脱いでおこうって(笑)さて、ボブチャンも同じ、バックを取ろうとしたら反されてって同じことしてさ、そして、マウント取っても何もできない中村の塩っ辛いへぼへぼパウンドを意味なく受けて・・・つまんねーんだよ!リザーブファイトだから第一試合にもってきてるんだけど、こんなの初っ端から見せ付けられた観客のテンションはだだ下がりも良いとことだぜ。

ヴァンダ・レイ・シウバ vs ☆ヒカルド・アローナ
すっかりヒールになったアローナ。これはPRIDE七不思議の1つに入れましょう。ロープを掴んで蹴り入れるのは○、顔の腫れた部分を押さえつけるのは×どっちも×ではありませんか?
しかしまぁ、美女と野獣ばりに対照的なビジュアル2人の対戦だなぁと思いました。
ヴァンダレイはアローナのような力強くて寝技も得意っていう選手としてないんだよね。なんとなくのイメージで超強いって感じなんだけど、実は他の選手とそんなに差もないし。これはアローナが勝つって思ってた。そして、入場の時のあの怖いくらいに気合の入った顔を見てアローナの勝利を確信しました。だって、今までこんな顔したことないもの。本気になったアローナは本当に強のだよ!試合が始まり、その確信は更に深まった訳なんだけど、ヴァンダレイは慎重になりすぎだったね。1rdは圧倒的にアローナペース、大興奮の会場は1rd終了のゴングが聞こえなかったくらい。そして2rd牽制気味にコツコツと出していたヴァンダレイのローをアローナが嫌がるようになるのです。そして、いつものアローナの試合のような展開が始まってきたのです。もしかして、もしかして、です。嫌な予感。案の定、疲れもあるし明らかに失速したアローナ。あぁ・・・思わず、“ここで攻撃を止めるからダメなんだよ!誰と戦ってると思ってるの!そんなんだからいつもあんな試合しかできないんだよ!”って叫んじゃったね。判定なら恐らくヴァンダレイ有利なはず、アローナは攻め続けないと勝てないのです。ヴァンダレイ相手なら尚更、彼は現ミドル級最高の男。同じように疲れていても何が起こるかわからない。だけど、今日のアローナは違った。しばらくグダグダとやった後、何か心境の変化があったのか再びエンジンがかかりだしたのです。アローナ最高です!後のことも考えず攻め続けたアローナは本当に強かった。勝ったとわかった瞬間、思わす号泣してしまいました。

☆ マウリシオ・ショーグン vs アリスター・オーフレイム
ヴァンダレイよりも強いと思われるショーグンとウナギのぼりのアリスター。実はアリスターに勝って欲しかった。それにしてもアリスターは惜しかった。1rdで仕留めておくべきだったね。それにしてアリスタースタミナ無さ過ぎじゃない?おまけに打たれ弱い。それにしてもショーグンは強い!そしてニンジャ・・・一瞬誰かわからないくらい太ってない?なんかショックだった。

☆ ファブリシオ・ヴェウドゥム vs ローマン・ゼンツォフ
見るまでも無く試合結果がわかる試合、後はファブリシオどれだけ美しくローマンを仕留めるかということかな。基本的にロシア人は好きなんだけど、ローマンのようなタイプのロシア人は私の好み外なので、心置きなくファブリシオを応援していました。マジ強いファブリシオのテクニックに感動!もっと見ていたかった。

☆ 吉田秀彦 vs タンク・アボット
今いる日本人選手の中で一番強い吉田。試合に取り組む姿勢も良いし世界で頂点に立った人間はやっぱり違うね!って思わせてくれる。中村とはえらい違いだ。
タンク・アボット・・・なんだあのひげは!まるでズラのようにこんもりと盛り上がったあのひげは生で見るとその気持ち悪さが(しかも微妙にグラデーション)更に目立つ。あんな気持ち悪いひげのオヤジはとっとと倒してしまえ!と強く願っていた。吉田が思い人たちと戦うのか今後の展開も気になる。

☆エメリヤーエンコ・ヒョードル vs ミルコ・クロコップ
待って待ってやっと叶った対戦、ミルコの勝利を心から願っていた。だって、2年だよ~なんだかんだ言って逃げてたヒョードルは本当に罪なヤツだぜ。ヒョードルもここらで一発負けてもらいたいという気持ちがある。その方が今後の展開も面白くなるだろうし、ヒョードルはなんだか今の地位にあぐらかいてるイメージあるしね。
こんなに暑いのに鳥肌立てながら見た試合は初めて。とにかくミルコの勝利を願ってた。ミルコ本当に血のにじむような練習をしてたんだってわかったかし、ヒョードルの研究もしっかりやっていた。未だかつてヒョードルをここまで追い詰めた選手はいただろうか?あの、上から振り下ろされるロシアンフックをかわしながら、しっかり反している。あれはなかなかできないことだと思う。ミルコの想いの詰まった試合だった。しかし2rdが開始して、ミルコはさきのインターバルの間に回復できていないように見えた。動きも悪いし、すごい汗。あの状態で1rdと同じようには動けないと思った。試合後のミルコはスッキリとした表情を退場して行ったけど、ほんとうにもったいないと思った。私の中ではヒョードルは負けたと思っている。(ちょっと痛いミルコファン的発言(笑))

ヒカルド・アローナ vs マウリシオ・ショーグン
アローナの優秀してる姿を想像しながら観戦した試合だった。いつの間にアローナにショーグンの良いパンチだかキックだか入ったのか私にはわからなかった。アローナはそんなに打たれ弱くはないはずなのに、わけがわかんないままにアローナは動きが悪くなって、意識がなくなっていた。何が起こったのかわかんなくて、今起こってる出来事が本当に信じられなかった。だけど、意識を失ってる姿も男前だった。

ミルコ、アローナと続き、試合後の足取りはとても重かった。
[PR]

by aki_cat | 2005-09-01 12:16 | 格闘技