<   2007年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

MAX 生観戦日記&私の近況報告の続き。

ザンビvsドラゴの続きから
今回の試合の中で一番盛り上がるといわれていた、ドラゴとザンビですが期待を裏切らなかったですね!どちらも好きな選手なので試合が始まってもどちらを応援するか決め兼ねてました。予想通りの展開に延長の1rdもかなり僅差だったように思いました。最後までどっちがかつかわからなかったです。そしてザンビが勝ったと同時に推薦枠かどこかにドラゴが入ると核心しました。

第5試合:世界一決定トーナメント開幕戦 ○佐藤嘉洋 vs デニス・シュナイドミラー×
日本人選手の中では一番好きな愛を知る佐藤が好きなので、もちろん嘉洋を応援してたんだけど、デニス・・・レミーガに似てる。体の大きさとか雰囲気とかめちゃ似てるんだよね。なんか顔が間延びしたレミーガって感じで、だから嘉洋を応援しながら(明らかにレベルの違うデニスも頑張って欲しかった)今回、地方大会優勝者が去年のベスト8と対戦してるんだけど、正直レベル差が有りすぎだね。小柄で素早い動きのデニスにはその足を止めるのが一番、しかも両足を蹴れる嘉洋はマジすごい(テクと足の長さが必要)しかも、良いミドルが腕にもヒットしている。デニスは足だけでなく腕も痺れてたんじゃないかな。嘉洋好きだけど、本当に嫌な試合をするよ。実際もしこれがキシェンコだったらと思うと(キシェンコはローに弱いと私は思う)怖い・・・2rd中盤からはキシェンコも普段会話している声とは全然違う野太い声でデニスを応援するも、決定打はないものの時間が経つごとに嘉洋の勝利が見えてくる展開だった。

第6試合:世界一決定トーナメント開幕戦 ○アンディ・サワー vs オーレ・ローセン×
1kg体重オーバーとインフルエンザで体調が最悪だったサワーにもしかしたらオーレが初勝利するんじゃないかと思われた試合。。。結果は。。。悔しいのは足さえ折れなければそんなにダメージなかったのに~ってことです。幸いと言っていいのかわからないけど、複雑骨折じゃなくて良かったよ・・・こうしてオーレのK-1初勝利は消えたのでした。
追伸:いつの間にかサワーのスパッツを見慣れている私がいた。

第7試合:世界一決定トーナメント開幕戦 ○ アルバート・クラウス vs ヴァージル・カラコダ ×
今回父親のスティーブの元を外れて初めての試合のカラコダ(コーチはマイク・ベルナルド太ってましたね)と登場から上半身裸のクラウス(ダサいコスチュームも楽しみの一つだったのに残念)相変わらずボクテクのあるカラコダだけど、クラウスはいつになく調子良かったね・・・・クラウス・・・・頭頂が薄いよ・・・しかも目がだんだん落ち窪んできていて、顔つきがキモくなってきたと思うのは私だけ?カラコダは判定結果を聞いたとたん膝が崩れていましたね。でも確かに僅差だったけどクラウスが勝ちだと思う。

第8試合:世界一決定トーナメント開幕戦 ○ ブアカーオ・ポー.プラムック vs ニキー“ザ・ナチュラル”ホルツケン ×
ブアカーオは強かったけど、KO勝利が見たかったというのが正直な感想。試合が長引けば研究材料が増えるのであまり長い試合をしないで欲しい気もした。
ニキーはタトゥーの趣味は悪いけど、結構イケ面でしかも打たれ強かった。あれだけの攻撃を受けて立っているのはかなりの根性の持ち主。しかもかなり元気が良い。

第9試合:世界一決定トーナメント開幕戦 ○ 魔裟斗 vs J.Z.カルバン ×
魔裟斗はカラダを一回り絞ってかなりカッコ良くなってました。
それにしてもカルバンはすごいよ。2週間後にはHERO'Sが控えているというのにこのオファーをK-1ルールで受けるなんて、勝敗よりもとにかくカルバンが3rdKOされずに戦ってくれることを祈ってました。もし、対戦相手が魔裟斗じゃなければノリノリの登場で(ダンスが超上手い)会場の心も掴んだに違いないけど、MAXはほとんどが魔裟斗ファンなので・・・複雑。とにかくカルバン倒れないで~とハラハラしながら見てました。魔裟斗の常に本気な姿勢は大好きです。

あと、今回はゲストにダンスの世界チャンピオンである韓国のチームが踊っていましたが、めちゃ上手かったです。
[PR]

by aki_cat | 2007-06-30 22:00 | 格闘技

MAX 生観戦日記&私の近況報告

セキュリティの設定を変えたらやたらと報告通知のポップがあがりかなりウザいです。

それではさっそく観戦日記から。今回は手抜き無くしっかり毒舌満開の日記を書きますよ(笑)
27日から2泊3日でMAX観戦&ビザ申請ツアーに東京へ行ってきました。

今回宿泊したホテルがやたらと交通に不便だった為に、せっかくSRSの5列目という素晴らしい席にも関わらずオープニングファイトには間に合いませんでした。

席はブルーコーナに一番近いかなり良席でしたが、キシェンコはレッドコーナーだと知っていたので(T_T)嬉しさ半分でした。

私たちが席に着くとすでに 尾崎圭司 vs パクウィング・ヒョングが始まっていて、最近少々天狗臭を感じる尾崎、しゃくれている尾崎を見ながら、どうして圧倒的に強くも無いヤツほど天狗なのかと考える。 K-1界での韓国人選手はまだまだ格下なんだから、試合内容は全くわからないけど、天狗になる前にとっととKOし、ドローなんて結果を恥じるべきだと強く思いました。

スーパーファイト  ○TATSUJI vs アンディ・オロゴン×
まだまだ素人の域からは出ていないけど、アンディの並外れた身体能力の高さを感じる試合だった。まず、打たれ強いし、手足も長く、パワーもあるので、テクニックは数段上のTATSUJIだけど 苦戦しているのがよくわかりました。タレント臭がするアンディですが、セコンドの指示をしっかり守る姿は共感を持てました。きっとマジメに練習してるんだろうなぁ。

スーパーファイト  ○ 小比類巻貴之 vs ツグト“忍”アマラ ×
今回の試合の中で唯一のトイレタイムに缶ビールを買いに行くが戻るとまだ試合が始まっておらずガッカリする。次のキシェンコの為に気付けの一杯をと思ったがなんとなく悪い予感がしたため飲むのをやめる。

えっと~、この~、チキンは~、頭おかしいんじゃないの? 勝利した後に歯茎をむき出しにして笑う姿が超キモい、やたらと試合中などにアップにされるコッヒー母もキモい。とにかくキモいだらけの試合だった。試合の度に垢抜けていくツグト・アマラはまるで日本人だけどモンゴルです。しかも気取ってないです。
決してアマラは悪くなかったけど、実力的にはキモッヒー(コッヒーの事)が上だった。 キモッヒーは1rdから格下相手に消極的な(相変わらずクリンチの多い)チキンな試合を展開する。キモッヒーはゴマメとはいえ一応日本人選手の中では強い選手の仲間入りをしているんだけど、ゲイと言われるのが納得するくらい相手に抱きついていく。一方でアマラはキックの選手とは思えないくらいローのカットをせず(できないのか?)キモッヒーのローを真っ向から受けていた。言うまでも無く、キモッヒーの重いローを最初から3発も食らい(この瞬間に勝負の結果は見えた気がした)、その後もチキンローを受け続け、いくらアマラが強いパンチを持っていた所であの足では踏ん張れない、しかもキモッヒーはやたらと抱きつきたがるのでよっぽどがない限りアマラの勝利はないと確信が強くなるばかりの展開。そして2rd、衝撃の出来事が私達の目の前で起こったのでした、キモッヒーのローを受けバランスを崩したアマラがスリップした時、何を勘違いしたのかキモッヒーは高らかと勝利のガッツポーズをしたのでしたい、今のは何????!!!( ̄□ ̄;)!!!( ̄□ ̄;)!!!←衝撃を目撃した時の私達の姿。前代未聞のバカ男の錯乱振りに絶叫する友人、信じられない珍事に開いた口が塞がらず一瞬事態が飲み込めない私。そして、その後も気違い男はチキンな試合を展開しつつアマラを挑発するという珍行動をおっぱじめたのです。
格下相手にKOもできないくせに、挑発だけは一丁前、そんな珍事に出る言葉は「キショイ」と「キモい」だけ、せっかく買った缶ビールを手から落とす私。今回一番の試合でダントツで最悪な試合だった。その後は最初に書いた通りです。

世界一決定トーナメント開幕戦 ○ アルトゥール・キシェンコ vs イ・スファン ×
今年負けなしの超絶好調のキシェンコとイです。イはインテリなのかもしれないけど、そんなことなどOUT of 眼中。アルトゥールと叫びまくる私達。 前回の試合もそうだけど、スタミナの問題や打たれると痛い顔をするということが指摘されていたキシェンコの練習の成果を楽しみにしつつ見てました(笑)1rdからガンガン攻めまくるキシェンコとひたすら絶えるイ、そして途中で打ちつかれたキシェンコ・・・やっぱりな。それでもインターバルに救われる。そして2rd若さで克服、圧勝ですね。谷川はやたらとイを褒めてたけど、今回の試合ではイは一方的に攻められていたので実力は不明。そして、たぶん次の決勝戦ではキシェンコは魔裟斗か佐藤と戦いそうな予感がしたのでした。かわいいです。とにかくかわいいです。しかも純粋です。肌の色と同じくらい澄んでます。

世界一決定トーナメント開幕戦 × ドラゴ vs マイク・ザンビディス ○ 今回の試合で一番盛り上がると予想されてた試合です。(上機嫌で缶ビールを開けると案の定吹く・・・キモッヒーめ!)

※一生懸命入力した感想が消えてしまった・・・・また最初からかよ・・・トホホホ
[PR]

by aki_cat | 2007-06-30 17:24 | 格闘技

色んなバイトがあるんやねぇ

今日、バイト帰りの電車の中偶然耳にした話。
わりときれいな顔の男の子とギャルっぽくアホっぽく話す女の子の会話で、出会い系のサクラのバイトがあると聞いた。時給は1,000円。ずっとメールを1日6時間ほどするそうです。
ちょっとなぞに包まれています。
[PR]

by aki_cat | 2007-06-06 01:13 | 今日の日記

Dynamite!! in USA テレビ観戦の感想など

忘れてたわけじゃないけど、途中から見始めました。一言ずつ感想言ってみたり。

それにしてもキム・ミンスは弱いね(あえてチョイの話題には触れず)あの体型じゃ一生勝てないね<`ヘ´>ブロック・レスナーを見るまもなく負けてるし。

桜庭×ホイスは、やっぱりさくちゃんダメだなって感じさせる試合だったね。ちょっと驚きだったのはホイスがまだ40歳だったこと。めちゃ老けてるよね。私は50歳近くと思っていたよ。

ユン・ドンシクは勝ったけど、殴られすぎ。マンガみたいに顔が腫れてた。
どうしてもアンチ韓国の選手な私。理由は一つ本物の選手がいないこと!予断だけど、チョイのセコンドに付いたりしている韓国スターみたいなのがいるんだけど、私は最初ただのセコンドだと思っていた。でもなんか超偉そうぶっててさすっげー感じ悪くて「何やねんコイツ」って思ってたら友達が俳優だと教えてくれた。たいしてカッコいいわけでもなく、チョイの引き立て役で来てるんだったら、もっと愛想良くしろよな!お前の態度が悪いとチョイも感じが悪く見えるんだよ!と言いたいが言う機会がないので言えないし、それ以上に次もし会場で見かけてもわからない。さすが韓国スターだね、完全にオーラ消してるぜ。

モーは相変わらず勝ってもクールだね。しかも世話している家族が増えている。イケイケだね。
[PR]

by aki_cat | 2007-06-05 01:55 | 格闘技