タグ:キシェンコ ( 70 ) タグの人気記事

MAX 生観戦日記&私の近況報告の続き。

ザンビvsドラゴの続きから
今回の試合の中で一番盛り上がるといわれていた、ドラゴとザンビですが期待を裏切らなかったですね!どちらも好きな選手なので試合が始まってもどちらを応援するか決め兼ねてました。予想通りの展開に延長の1rdもかなり僅差だったように思いました。最後までどっちがかつかわからなかったです。そしてザンビが勝ったと同時に推薦枠かどこかにドラゴが入ると核心しました。

第5試合:世界一決定トーナメント開幕戦 ○佐藤嘉洋 vs デニス・シュナイドミラー×
日本人選手の中では一番好きな愛を知る佐藤が好きなので、もちろん嘉洋を応援してたんだけど、デニス・・・レミーガに似てる。体の大きさとか雰囲気とかめちゃ似てるんだよね。なんか顔が間延びしたレミーガって感じで、だから嘉洋を応援しながら(明らかにレベルの違うデニスも頑張って欲しかった)今回、地方大会優勝者が去年のベスト8と対戦してるんだけど、正直レベル差が有りすぎだね。小柄で素早い動きのデニスにはその足を止めるのが一番、しかも両足を蹴れる嘉洋はマジすごい(テクと足の長さが必要)しかも、良いミドルが腕にもヒットしている。デニスは足だけでなく腕も痺れてたんじゃないかな。嘉洋好きだけど、本当に嫌な試合をするよ。実際もしこれがキシェンコだったらと思うと(キシェンコはローに弱いと私は思う)怖い・・・2rd中盤からはキシェンコも普段会話している声とは全然違う野太い声でデニスを応援するも、決定打はないものの時間が経つごとに嘉洋の勝利が見えてくる展開だった。

第6試合:世界一決定トーナメント開幕戦 ○アンディ・サワー vs オーレ・ローセン×
1kg体重オーバーとインフルエンザで体調が最悪だったサワーにもしかしたらオーレが初勝利するんじゃないかと思われた試合。。。結果は。。。悔しいのは足さえ折れなければそんなにダメージなかったのに~ってことです。幸いと言っていいのかわからないけど、複雑骨折じゃなくて良かったよ・・・こうしてオーレのK-1初勝利は消えたのでした。
追伸:いつの間にかサワーのスパッツを見慣れている私がいた。

第7試合:世界一決定トーナメント開幕戦 ○ アルバート・クラウス vs ヴァージル・カラコダ ×
今回父親のスティーブの元を外れて初めての試合のカラコダ(コーチはマイク・ベルナルド太ってましたね)と登場から上半身裸のクラウス(ダサいコスチュームも楽しみの一つだったのに残念)相変わらずボクテクのあるカラコダだけど、クラウスはいつになく調子良かったね・・・・クラウス・・・・頭頂が薄いよ・・・しかも目がだんだん落ち窪んできていて、顔つきがキモくなってきたと思うのは私だけ?カラコダは判定結果を聞いたとたん膝が崩れていましたね。でも確かに僅差だったけどクラウスが勝ちだと思う。

第8試合:世界一決定トーナメント開幕戦 ○ ブアカーオ・ポー.プラムック vs ニキー“ザ・ナチュラル”ホルツケン ×
ブアカーオは強かったけど、KO勝利が見たかったというのが正直な感想。試合が長引けば研究材料が増えるのであまり長い試合をしないで欲しい気もした。
ニキーはタトゥーの趣味は悪いけど、結構イケ面でしかも打たれ強かった。あれだけの攻撃を受けて立っているのはかなりの根性の持ち主。しかもかなり元気が良い。

第9試合:世界一決定トーナメント開幕戦 ○ 魔裟斗 vs J.Z.カルバン ×
魔裟斗はカラダを一回り絞ってかなりカッコ良くなってました。
それにしてもカルバンはすごいよ。2週間後にはHERO'Sが控えているというのにこのオファーをK-1ルールで受けるなんて、勝敗よりもとにかくカルバンが3rdKOされずに戦ってくれることを祈ってました。もし、対戦相手が魔裟斗じゃなければノリノリの登場で(ダンスが超上手い)会場の心も掴んだに違いないけど、MAXはほとんどが魔裟斗ファンなので・・・複雑。とにかくカルバン倒れないで~とハラハラしながら見てました。魔裟斗の常に本気な姿勢は大好きです。

あと、今回はゲストにダンスの世界チャンピオンである韓国のチームが踊っていましたが、めちゃ上手かったです。
[PR]

by aki_cat | 2007-06-30 22:00 | 格闘技

K-1 MAX 対戦カード発表されましたね!

どんなカードになるのか?レミーガ、キシェンコが出場するのか(レミーガの出場はないのはほぼ決定だけど)よしぴろは出るのか?そんな感じでチェックしてました。
まず、魔裟斗は・・・また異種格闘家との対戦ですね。魔裟斗が勝てばほぼ魔裟斗ファンで埋め尽くされた会場は大いに沸くだろうけど・・・まぁ、別にいいですけどね。

・・・・・おっと!それより何より、あれ?えっとー...
誰だっけストイックとか呼ばれたただのヘタレは出ないようですね!よかったです。素人相手に負けて後から言い訳するなんて(しかも本当は出たくなかったようという内容の発言)そんなヤツはK-1にはいらないね!これで出場したらマジでクレームのメール送ってやろうかと思ったけど出ないのでひとまず安心したね。

今回はニッキーとデニスという地区予選を勝ち抜いた選手が2人も出るということで、これはなかなか楽しみですな。しかもキシェンコの対戦相手が韓国というよくわからないが、恐らく弱いであろう選手なのでかなり良い気持ちで美味しいお酒が飲めそうな感じがします。最近勝利の美酒よりもヤケ酒が多かったので楽しいです。
[PR]

by aki_cat | 2007-05-14 23:33 | 格闘技

友人からの贈り物レミーガDVD

恐らく去年から用意してくれていただろうレミーガのMAXの試合を集めたDVDを友人からもらったのは3月のヘビー級の時でした。
それから今日までずっと見ることなくいたのは怠慢ではなく、大切なものはじっくりしっかりかみ締めたくてその環境にならないまま今の今まできてしまったのが本当です。^_^;
それが、最近私たちの間でやたらとレミーガやレミーガを連想させる話題が出てきたので、「今見なくていつ見るの!!!」と見てみました。
改めて腰を痛める戦い方を見ていると、なんか悲しくなってきてしまいました(:_;)
ファンとして復活を祈る一方で、連戦でボロボロの体に更なる連戦を続けたレミーガを思うと複雑です。

ちなみに特典映像としてキシェンコとシムソンの試合が収録されていました。
キシェンコは顔に疲れとかモロ出るのでその辺が若さだし、逆に疲れてもガッツで頑張れるところも若さなのです。谷川コメント「かわいい顔して荒々しい試合をするキシェンコです」
[PR]

by aki_cat | 2007-03-25 15:35 | 格闘技

K-1 MAX EAST EUROPE GP 2007

試合結果

祝キシェンコ

1rd KOです!嬉しいです!
4月来るかもしれませんね!でも、仕事で行けないので来るなら6月に来てほしいなぁ。

何か良い画像があればと思い現在探し中。
[PR]

by aki_cat | 2007-03-19 00:33 | 格闘技

K-1 East Europe MAX 2007

キシェンコ頑張れ!!!
でも、去年優勝したのにビザが間に合わず開幕戦出れなくて、それでまたトーナメントからだなんてマジかわいそう。
[PR]

by aki_cat | 2007-01-26 23:27 | 格闘技

K-1 WORLD MAX 2007 開催

出場選手の中にレミーガの名前があったけど、本当に出るのかな?
キシェンコのサイトにキシェンコはMAXに出場するための練習を始めたとあったけど、出場選手の中に名前がなかった。

レミーガに関して言えば色んな憶測が飛び交っている。どれが事実なのか?

レミーガ対ザンビディスってちびっ子同士の夢の対戦カードだね。
[PR]

by aki_cat | 2006-12-27 09:46 | 格闘技

K-1 MAX ウクライナ大会

最近のMAXの東欧諸国の大会が熱いですね!
来年2月にウクライナ大会が開催されます!大会詳細
キシェンコの名前がないのは2月に日本のMAXが開催されるからか???
[PR]

by aki_cat | 2006-12-07 11:49 | 格闘技

キシェンコかわいいので画像UPしてみました

b0000509_22212157.jpg
あまりにもかわくて思わずオヤジになってしまいそうなのですが、確かデビューしたばっかりのイグもかわいかったですよね・・・キシェンコも25歳くらいになったら、あんな風におっさん臭くなるのかな?そんな下世話なことを想像しながら(笑)私もすっかりオバハン化してしまいました(^_^;)
[PR]

by aki_cat | 2006-09-06 22:24 | 格闘技

K-1 WORLD MAX 2006~世界王者対抗戦~見に行ってきました!

いつも途中で疲れてしまって全ての感想をUPできないので、簡単な感想などなど。
地上波放送はビデオテープが途中でなくなるという出来事の為、アンディ・オロゴンvs安廣しかみれていません。

本当はSRSが良かったけど諸事情によりRSの席になってしまいました。
オープニングファイトの2試合共かなりの接戦でとても面白かったので、期待感が高まりつつ観ていましたが、ブアカーオ以外の試合はスッキリしないものだった。

アンディ・オロゴンですが、確かに黒人の強い肉体ではあったけど、素人相手にKO取れない安廣はどうだろう?って思いました。頂点を極めたいなら勝てる試合は確実に決めていってもらいたいものです。

キシェンコは緊張してたのか硬くなっていたのか、K-1の大舞台の経験の差なのか、1rd途中で既にバテバテでした。2rd以降は良い感じだったのですが時既に遅し!すっかりバテていましたね。若いからあそこまで戦えたのか、若いならもっと最後まで根性を見せて欲しいのか、まぁ、いずれにせよ1rdめからすごく応援してたけど、キシェンコが負けるとわかりました。HAYATOは経験では上ですが、決して勝てない相手ではなかっただけに残念です。

山本は・・・足が短いですね。空手で鍛えた足からのローとかめちゃ期待していたんだけど、良いとこ見せれず負けてしまいました。

ブアカーオは言うことないですね!強い!強すぎます!宍戸のKOされた姿はちょっと怖かったです。あまりの速さにブアカーオが両手を挙げた姿を見てブアが勝ったのを理解しました。

ドラゴ・・私達の間では・帰りも、帰ってからも話題はドラゴのダンスと入場曲でもちきりでした。耳と目焼きついて離れません。寒川のセコンドの人が楽しそうにドラゴの入場の時にドラゴのダンスの真似をしていたのが面白かったです。

元気・・・本当は出たくなかったに違いない。舞台が狭く、花道の大部分は階段という悪い環境の中パフォーマンスを見せてくれました。結果は・・・あんなもんでしょう。

前田はさすがにボクシングテクすごかったですね。あんな結果になったのが残念でしかたないです。

佐藤というより、クラウスが強かったです。やはり元王者は強いです。

コヒにはあきれて言葉が出ません。会場からもブーイングの声大きかったです。コヒって本当にイケてない男です。
[PR]

by aki_cat | 2006-09-06 00:07 | 格闘技

K-1 World MAX 2006 観戦日記 その1

時間配分ミスにより私としたことがオープニングファイト2試合どころか、お気に入りのキシェンコの試合もほとんど終わりかけで会場に到着する始末でした。

試合結果

リザーブファイト
3rdの途中からだけど、すぐに接戦だったのがわかりました。写真で見る限りは体が細かったのでパワーがないのではないか?なんて思っていましたが、さすが東欧です。体の芯が強いし何が何でも勝ってやる!という強い意志を感じました。もちろんビジュアルは最高です(#^.^#)イグナショフ以来の美しさに衝撃を受けました!さすがウクライナです。
しかしこれもあと5年もすればフョードルやボブチャンチンのように髪が薄くなったり太ったりするのかと思うと(もちろんイグも)悲しみを覚えました(T_T)

舞台セットも効果も前回とほぼ同じ、トーナメント出場選手の入場も同じでした。

魔裟斗vsコヒ
コヒ・・・気がつけば気持ち悪くなっていた・・・でも、そんなこと思っちゃいけない!!!なぜなら私は当日でチケを購入した為魔裟斗応援シート以外でなら何でも良かった、でもまさかコヒ応援シートだったなんてね・・・だけど、気にしないわ。
会場は試合開始のゴングの前からコヒコール、魔裟斗コールの嵐!あぁ~、ヘビー級では聞けない声だわ。。。
魔裟斗は堅く感じたけど、ボクシングテクニックでは圧倒的に魔裟斗!しかしコヒも負けてない、じわじわとローで魔裟斗を攻めていく・・・試合中コヒは背中を見せることはなかったもののあれだけ追い詰めておきながら仕留める事のできないコヒってどうよ?結局変な自信だけつけて何の成長もしてないじゃん!魔裟斗の足はかなりダメージを受けている・・・2回戦までにどれだけ回復しているか気になる。
余談ですが
”――「打倒・魔裟斗」という気持ちはないのか
 ないですね。お互い胸張って日本を代表して戦っていきたいです。 ”
これは強い男の言うセリフだろう!と思ったのは私だけじゃないはず!
[PR]

by aki_cat | 2006-07-03 19:07 | 格闘技